関連資料・リリース情報

「2014年度「保健師の活動基盤に関する基礎調査」結果」

「2014年度「保健師の活動基盤に関する基礎調査」結果」
(日本看護協会/2015年5月15日)

 日本看護協会は、「保健師の活動基盤に関する基礎調査」(厚生労働省先駆的保健活動交流推進事業)を実施し、その結果を公表した。

 今回の調査は、2009 年、2010年に続き、保健師として活動する全ての人を対象とした調査で、多様化する社会のニーズに対応する現任教育・研修体制の実態や、活動環境における課題などを明らかにしたもの。

 同調査の主な特徴は、保健師の活動実態を経年的に把握している点と、時代に見合った調査項目を追加し、現代の保健師活動を明らかにしている点。

 今回は、女性が大多数を占める専門職として産前・産後休暇、育児休暇に関連する質問項目を初めて設けたほか、組織内の保健師を統括する役割を担う「統括保健師」の実態についても調べた。

○主なポイント―――

1. 産前・産後休暇、育児休暇の取得状況

 ・産前・産後休暇、育児休暇を取得した者の平均取得回数は 1.1 回、平均合計取得期間は 2.0 年

 ・産前・産後休暇から職場復帰する際に「不安があった/不安がある」と回答した者は 74.4%

2. 現任教育体制

 ・「現任教育プログラムやマニュアル」があると回答した者は 48.0%、「個人の研修・教育の履歴管理」は35.9%、「中・長期的な人材育成」は 41.2%だったが、「計画的な人事異動」の体制は 14.1%

 ・新任研修を受けたことがあると回答した者は、73.4%

3. 統括保健師

 ・行政分野で「統括保健師である」と回答した者は、6.1%(1,091 人)

(日本看護協会/2015年5月15日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2022年05月12日
健康日本21推進全国連絡協議会 第24回総会 講演抄録
2022年05月06日
「家族と健康」WEB版 5月号
2022年04月28日
第2回「第4期特定健診・特定保健指導の見直しに関する検討会」の資料を公開
2022年04月26日
日本肥満症予防協会 特別勉強会 「第四講座:特定保健用食品を活用した保健指導」
2022年04月26日
ニュースレター『Obesity Report』 第10号

「特定保健指導」に関するニュース

2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【新型コロナ】起床・朝食が遅くなった子供で運動不足や栄養バランスの乱れが 規則正しい食事・睡眠が大切
2022年05月23日
【新型コロナ】コロナ禍で結婚数と出生数が減少 将来に対する不安や経済的な悩みが原因?
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年05月23日
余暇に軽い身体活動をするほど健診結果は良くなる 活動量の実測データにもとづく世界初の研究

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶