関連資料・リリース情報

「ストレスチェック実施プログラムに誤り 修正プログラムを配布」

「事業者向けの「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」に誤りが見つかり、11月30日に差し替えました」
(厚生労働省/2015年12月1日)

 厚生労働省は、11月24日(火)から公開しているストレスチェック実施プログラムの簡易版(23項目)の質問に、一部記載誤りが見つかったことを公表した。
 記載誤りが見つかったのは11月30日(月)で、早急に修正したプログラムに差し替えている。
 プログラム配布を開始した11月24日(火)から11月30日(月)までの間にプログラムをダウンロードしていた場合には、再度のダウンロードが必要。

○プログラムの記載誤りの内容
 簡易版の23項目の質問項目のうち、「STEP2 最近1カ月の状態について」の質問の9が、正しくは「気分が晴れない」であるものが、誤って「物事に集中できない」になっていた。

ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等

(厚生労働省/2015年12月1日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「メンタルヘルス」に関する資料・リリース

2022年04月28日
「ヤングケアラーの実態に関する調査研究」の結果報告
2022年04月28日
「自殺総合対策の推進に関する有識者会議」の報告書を公開
2022年04月22日
働く女性のヘルスケアガイド おさえておきたいスキルとプラクティス
2022年04月14日
令和3年度「職場復帰支援の実践 企業や精神科医の取組事例から」講演動画
2022年04月07日
「過労死等ゼロ」緊急対策を踏まえたメンタルヘルス対策の推進について

「メンタルヘルス」に関するニュース

2022年05月16日
生活スタイルの改善による寿命延伸 生活習慣病の多い人ほど効果は高い 80歳以降でも有用
2022年05月13日
勤務問題で自殺する人が近年増加傾向に 子ども・若者、女性の自殺者数増加が喫緊の課題
2022年05月13日
約4割が「健康診断結果の措置に関する説明力が向上」 令和3年度産業保健活動総合支援事業の報告書を公表
2022年05月12日
「健康経営のさらなる進化へ」へるすあっぷ21 5月号
2022年05月10日
高齢日本の20年後を予測 認知症は減るが格差は拡大 フレイルの合併も増える 女性はとくに深刻

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶