関連資料・リリース情報

「国際保健に関する懇談会がワーキンググループ報告書」

「国際保健に関する懇談会がワーキンググループ報告書」
(厚生労働省/2016年5月23日)

 厚生労働省の「国際保健に関する懇談会」(座長:尾身 茂 独立行政法人地域医療機能推進機構理事長)は、今般、別添のとおり報告書を取りまとめました公表した。

 この懇談会では、二つのワーキンググループ(WG)を立ち上げ、
1)国際保健の体制(グローバル・ヘルス・アーキテクチャー)(WG座長;渋谷健司東京大学教授)
2)国際保健政策人材の養成(WG座長:中谷慶応義塾大学教授)
 について、課題や今後の方向性について議論・検討を重ねてきた。厚生労働省は、この報告書を踏まえ、今後、具体的な対応策について検討していくとしている。

(厚生労働省/2016年5月23日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「産業保健」に関する資料・リリース

2022年08月12日
少子化社会対策大綱の推進に関する検討会 中間評価
2022年08月12日
令和4年度「『見える』安全活動コンクール」
2022年08月12日
「これからの労働時間制度に関する検討会」報告書
2022年08月09日
未来の健康づくりに向けた「アクションプラン2022」
2022年08月04日
「トラック運転者の長時間労働改善特別相談センター」を開設

「産業保健」に関するニュース

2022年08月16日
食事指導を個別化し肥満やメタボを改善 1人ひとりの好みやスタイルに合わせた食事プログラム
2022年08月16日
中年女性の肥満を予防・改善するための新しいガイドライン 保健指導は女性にも必要 早期の介入が効果的
2022年08月16日
【新型コロナ】「子供のメンタルヘルス」を改善 大人のワクチン接種や社会経済的な環境が影響
2022年08月16日
【新型コロナ】家庭内暴力など家族の問題が増加 児童虐待の不安はどういう人に起こりやすい?
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶