関連資料・リリース情報

「平成27年「国民健康・栄養調査」の結果」

「平成27年「国民健康・栄養調査」の結果」
~社会環境整備へのニーズ高く、世代等の特徴にあわせた対策が必要~
(厚生労働省/2016年11月14日)

○ポイント

●若い世代ほど栄養バランスに課題

・主食・主菜・副菜を組み合わせた食事は、若い世代ほど食べられていない傾向にあり、この世代は、外食や中食の利用割合が高い。

・特に20~30歳代の女性では、たんぱく質、カルシウム、食物繊維及びカリウムなどの摂取量が、60歳以上に比べて少ない傾向。


●受動喫煙の機会は「飲食店」が最も高く4割超

・受動喫煙の機会を有する者の割合について場所別にみると、「飲食店」では41.4%と最も高く、次いで「遊技場」では33.4%、「職場」では30.9%。


●1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合が増加

・1日の平均睡眠時間が6時間未満の割合は、ここ数年で増加傾向にあり、睡眠の妨げになっていることは、男性では「仕事」、女性では「育児」「家事」。


●地域でお互い助け合っていると思う割合が増加

・居住する地域の人々が「お互い助け合っている」と思う者の割合は55.9%で、前回調査(平成23年)と比べて約5ポイント増加。

(厚生労働省/2016年11月14日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「栄養」に関する資料・リリース

2022年06月29日
「令和3年度食育白書」を公表
2022年04月28日
フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言を掲載いたしました。
2022年04月26日
日本肥満症予防協会 特別勉強会 「第四講座:特定保健用食品を活用した保健指導」
2022年04月26日
ニュースレター『Obesity Report』 第10号
2022年04月22日
働く女性のヘルスケアガイド おさえておきたいスキルとプラクティス

「栄養」に関するニュース

2022年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2022年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2022年06月30日
コロナ下での食育の取り組みなどを解説 食育推進のため啓発リーフレット作成 令和3年度「食育白書」を公表
2022年06月27日
東日本大震災後の高齢者のフレイルを調査 習慣的に運動をすることが低栄養リスクを下げる
2022年06月27日
日本人高齢者の認知機能は向上している 認知機能障害が減少 国立長寿医療研究センター
2022年06月20日
45歳未満の肥満気味の女性は乳がんリスクが低い しかし閉経後の肥満は乳がんリスクを高める

関連コンテンツ

みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶