関連資料・リリース情報

国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11) 公表

国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11) 公表

 6月18日(月)ジュネーブ時間12時(日本時間18日19時)、世界保健機関(WHO)が、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)を公表した。現行のICD-10への改訂(1990年)以来、約30年ぶりの改訂となる。

●ICD-11の特徴
・改訂内容には、最新の医学的知見が反映されており、多くの日本の医学の専門家・団体が貢献している。

・死亡・疾病統計の国際比較に加え、臨床現場や研究など様々な場面での使用を想定し、より多様な病態を表現できるようコード体系が整備された。

・ウェブサイトでの分類の提供など、電子的環境での活用を想定した様々なツールが、WHOから提供されている。

(厚生労働省/2018年6月18日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2021年11月18日
日本健康会議「2021年度保険者データヘルス全数調査」調査結果の概要
2021年11月17日
健保連による「次期診療報酬改定に向けた政策提言」
2021年11月12日
がん検診の大切さを知ってほしい!ー日本対がん協会が冊子「がん検診のすすめ」を作成
2021年11月04日
「家族と健康」WEB版11月号
2021年10月21日
医師の立ち会いなく診療放射線技師が乳房エックス線検査実施可能に―「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」改正

「健診・検診」に関するニュース

2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶