関連資料・リリース情報

国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11) 公表

国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11) 公表

 6月18日(月)ジュネーブ時間12時(日本時間18日19時)、世界保健機関(WHO)が、国際疾病分類の第11回改訂版(ICD-11)を公表した。現行のICD-10への改訂(1990年)以来、約30年ぶりの改訂となる。

●ICD-11の特徴
・改訂内容には、最新の医学的知見が反映されており、多くの日本の医学の専門家・団体が貢献している。

・死亡・疾病統計の国際比較に加え、臨床現場や研究など様々な場面での使用を想定し、より多様な病態を表現できるようコード体系が整備された。

・ウェブサイトでの分類の提供など、電子的環境での活用を想定した様々なツールが、WHOから提供されている。

(厚生労働省/2018年6月18日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2022年09月15日
第74回「保健文化賞」受賞者が決まりました
2022年09月15日
特定健診の無償化で受診行動は促進されるが、受診格差は拡大する
2022年09月15日
2022年度版 がん征圧ポスター・禁煙ポスターが完成
2022年08月29日
疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)
2022年08月26日
「職場の健康診断実施強化月間」について

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告 ―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ 職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶