関連資料・リリース情報

医師の立ち会いなく診療放射線技師が乳房エックス線検査実施可能に―「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」改正

がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針(令和3年10月 1日一部改正):
通知 指針全文 新旧対照表 別紙

 厚生労働省が「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」の一部を改正し、10月 1日より適用しました。

 診療放射線技師法の改正が同日付で施行されることとなり、病院または診療所以外の場所で、多数の者の健康診断を一時に行う場合においては、医師の立会いなく診療放射線技師が 乳房エックス線検査(マンモグラフィ)を実施することが可能となっています。

 また、本改正では「受診を特に推奨する者」が明示されており、指針で定めるがん検診の各検診項目ごとに、受診をとくに推奨する年齢を、初年度の年齢から「69歳以下」の者と定めています。

【参考】がん対策情報:がん検診(厚生労働省)

(厚生労働省/2021年10月 1日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年07月06日
「家族と健康」WEB版 7月号
2022年07月04日
「第11回健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)募集開始のお知らせ
2022年06月09日
2021(令和3)年度 全国保健所長会協力事業
2022年06月07日
「家族と健康」WEB版 6月号

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶