関連資料・リリース情報

成人年齢とたばこについての世論調査結果
成人18歳、喫煙20歳年齢制限下の意識や課題を調査

成人年齢とたばこについての世論調査結果
成人18歳、喫煙20歳年齢制限下の意識や課題を調査

 国立研究開発法人国立がん研究センターが、5月31日の世界禁煙デーに合わせ、成人年齢とたばこについての世論調査結果をウェブサイトに公開しました。

調査結果のポイント

若年の喫煙は健康面への悪影響が大きいことに関する認識
・成人年齢が18歳に引き下げられても、喫煙は20歳からが維持されていることについて知っていた割合は68.6%でした。
・低年齢からの喫煙について、健康へのリスクがあるという認識は高くなく、普及啓発に課題があることがわかりました。

20歳になったときに吸いたいと思った割合と理由
・「20歳になったときにたばこを吸ってみたいと思った」と回答した喫煙者は61.3%、非喫煙者は20.5%と、喫煙に対する意識が大きく異なることが浮き彫りになりました。
・たばこを吸ってみたいと思ったきっかけに関する回答から、家族、友人、周りの人がたばこを吸っていると、自分もたばこを吸いたいと思うようになることが読み取れました。

受動喫煙対策に関する認識や意向
・たばこの煙を不快と感じる割合は高く、非喫煙者では約9割で、喫煙者でも半数近くの人が不快と感じていることがわかりました。
・非喫煙者が、公共空間での喫煙の一律禁止を求める割合は46.0%で、規制強化は29.3%と高い結果でした。一方、喫煙者では意見が割れ、禁止や規制強化を求める割合は約3割にとどまり、非喫煙者と喫煙者では意向に違いがあることがわかりました。

(国立がん研究センター/2022年 5月31日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「禁煙・アルコール」に関する資料・リリース

2022年08月29日
疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)
2022年08月25日
「『喫煙と健康』禁煙して心身の健康を取り戻そう」 特設Webコンテンツ公開!
2022年08月25日
令和4年度健康増進普及月間について
2022年08月12日
令和4年度「『見える』安全活動コンクール」
2022年07月06日
成人年齢とたばこについての世論調査結果 成人18歳、喫煙20歳年齢制限下の意識や課題を調査

「禁煙・アルコール」に関するニュース

2022年09月02日
「効果を上げる保健指導のヒント」へるすあっぷ21 9月号
2022年08月16日
【新型コロナ】感染後3ヵ月以内に糖尿病と心血管疾患のリスクが上昇 生活スタイル改善のアドバイスが必要
2022年07月19日
認知症予防のための生活スタイル改善に年齢は関係ない 18歳の若者も80歳の老人も同じく必要
2022年07月11日
心筋梗塞や脳卒中を予防するための「生活エッセンシャル8」 新たに睡眠を追加 良い睡眠は心臓を守る
2022年06月13日
日本の職場での「いじめ」の実態を調査 8%がネットいじめを、11%が従来型いじめを週に1回以上受けている

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶