関連資料・リリース情報

疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)

疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)

 超少子高齢化社会においては健康寿命の延伸のみならず、平均寿命と健康寿命の差である「不健康な期間」を減らすことがさらに重要な課題です。不健康な期間の原因にはさまざまな疾患が関与していることから、2021年に新たな試みとして国立高度専門医療研究センター6機関が協働することにより単一疾患毎の予防ではなく、さまざまな疾患を「横断的に」予防するという観点から「健康寿命延伸のための提言」をまとめました。

(厚生労働省e-ヘルスネット/2022年 8月26日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2023年01月26日
保健医療分野におけるAI研究開発加速に向けた人材養成産学協働プロジェクトの中間評価結果について
2022年12月27日
健診等情報利活用ワーキンググループ 民間利活用作業班(第10回)資料
2022年11月30日
肥満症診療ガイドライン2022
2022年11月17日
【資料】40歳未満の事業主健診情報の活用促進に関する検討会
2022年10月12日
健康日本21(第二次)最終評価報告書を公表します

「健診・検診」に関するニュース

2023年01月20日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2023年版保健指導ノート」
2023年01月17日
【特定健診】40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群 健診受診率の引き上げと、働く人のヘルスリテラシーを向上することが課題に
2023年01月16日
わずか「1分間の運動」でも健康効果が 忙しい人も仕事や家事の合間に簡単な運動を行うと寿命を延ばせる
2023年01月05日
特定保健指導は効果があった! 肥満指標はわずかに改善 血糖や中性脂肪も 582万人のデータを解析
2023年01月04日
【もっとも読まれたニュース トップ10】変化の年だった2022年 保健指導リソースガイド

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶