関連資料・リリース情報

「2型糖尿病の薬物療法のアルゴリズム」を発表しました

「2型糖尿病の薬物療法のアルゴリズム」を発表しました

日本糖尿病学会は、肥満に起因するインスリン抵抗性主体の糖尿病が多くを占める欧米と異なり、日本人2型糖尿病は肥満と非肥満が半々で、インスリン分泌低下と抵抗性の程度が個人毎に異なっていること、熊本スタディやJ-DOIT3等の結果も踏まえて、血糖マネジメントこそ合併症抑制に重要であることから、個人毎の病態を考慮してどのクラスの糖尿病治療薬を使用するかを決定することを推奨してきました。

近年、NDBの解析により日本の2型糖尿病の初回処方の実態が実際に欧米とは大きく異なること、高齢者へのビグアナイド薬(メトホルミン)やSGLT2阻害薬投与に関する注意喚起が広く浸透していること、それに伴い高齢者にはDPP4阻害薬が選択される傾向が認められました(J Diabetes Investig 13: 280-291, 2022)。
一方で、初回処方にビグアナイド薬が一切使われない日本糖尿病学会非認定教育施設が38.2%も存在したことも明らかになり、2型糖尿病治療の適正化の一助となる薬物療法のアルゴリズムを作成しました。

「学会からのお知らせ」より

(日本糖尿病学会/2022年12月26日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2023年01月31日
「全国生活習慣病予防月間」2023年のテーマは一無(無煙・禁煙)~Web講演会や生活習慣病予防啓発ポスターなど公開中~
2023年01月31日
第37回がん検診のあり方に関する検討会(資料)
2023年01月31日
「働く世代のためのがんリテラシー向上プロジェクト」を開始
2023年01月30日
令和3年度「喫煙環境に関する実態調査」の結果を公表します
2023年01月30日
2月4日は「風しんの日」 風しん対策啓発イベント「風しん理解促進Zoomウェビナー」開催

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

2023年01月25日
労働政策審議会安全衛生分科会「第14次労災防止計画案」提示 2種類の指標(数値目標)を設定
2023年01月12日
初の「飲酒ガイドライン」作成へ お酒の適量や飲み方は?
2022年12月28日
「新たな児童虐待防止対策体制総合強化プラン」を策定 児童福祉司の増加や市町村での取り組みを強める
2022年12月27日
たばこの煙は「不快」8割超 「受動喫煙対策」半数が強化求める ―内閣府「世論調査」より―
2022年12月15日
思春期ピアカウンセリングの取り組みが最優秀賞 「第11回健康寿命をのばそう!アワード」母子保健分野

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶