関連資料・リリース情報

世界メンタルヘルスデー JAPAN 2023 特設サイト

世界メンタルヘルスデー JAPAN 2023 特設サイト

世界メンタルヘルスデーとは

世界精神保健連盟が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する世間の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。
その後、世界保健機関(WHO)も協賛し、正式な国際デー(国際記念日)とされています。

世界メンタルヘルスデー JAPAN 2023

世界メンタルヘルスデー2023は、10代から20代の「こころの健康」をテーマに、
「こころの健康、メンタルヘルスって何だろう?」
「誰にでも、こころの不調が起こる可能性があること」
「こころの不調のサインとは何か」について、
世界メンタルヘルスデーを通じ、みんなで一緒に考えていきます。

(厚生労働省/2023年 8月22日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「メンタルヘルス」に関する資料・リリース

2024年07月23日
労働時間短縮に関する職場レベルでの介入および試験:スコーピングレビュー
2024年07月10日
第97回日本産業衛生学会報告:「働く人々の疲労リスク管理を考える:新版疲労蓄積度自己診断チェックリストの活用と展開」
2024年07月02日
令和5年度「過労死等の労災補償状況」
2024年07月02日
公立学校共済組合のストレスチェックデータ分析結果報告書
2024年07月01日
妊娠中から考える お産のあとのあなたと赤ちゃんの健康

「メンタルヘルス」に関するニュース

2024年07月22日
夏はビールの飲みすぎにご注意 アルコールは心臓病やがんのリスクを高める 男性だけでなく女性も健康リスクが
2024年07月22日
運動は認知機能を高め認知症予防に有用 ストレスによるメンタルヘルス不調を抱える人で運動の効果はとくに高い
2024年07月18日
20〜50代の女性「メンタルの悩み言い出しにくい」2割超 令和5年度「男女の健康意識に関する調査報告書」より
2024年07月16日
職場の「燃え尽き症候群」にこうして対策 警告サインを知り早期に介入 「マインドフルネス」を導入
2024年07月11日
令和5年度「職場のハラスメントに関する実態調査」より 相談内容はパワハラが最多、パワハラ経験率が高いのは管理職
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶