ニュース

【PR】病気を発見するAIや遺伝子検査予防法など最新技術が集結!無料の専門セミナーも多数開催【健康診断・健康管理EXPO】

 一般社団法人日本能率協会では、2018年11月20日(火)~22日(木)の3日間、東京ビッグサイト(江東区有明)にて、「第1回 健康診断・健康管理EXPO」を初開催いたします。

 入場料3,000円が無料になる事前来場登録受付中です。
ロゴ_健診・健康管理EXPO_20181022.png

 病気の早期発見と生活習慣病予防を目指して、健診センター、健康保険組合、保健士、医療・介護従事者、等多くの皆様のご来場をお待ちしております。

見て 聴いて 体験できる 出展企業ブース!
 健診情報で4年以内の発病リスクを予測するAIソリューションや、AI食事画像解析API、銀繊維ウエアから取得したデータによる健康管理や作業不可分析システムなど、ブースでは実際に見て、聴いて、体験できる製品やサービスが出展されます。

 今話題の遺伝子検査やゲノム解析データサービスや、クリニック・単独健診センターの規模に対応した健診システムも展示されます。

健康診断、健康増進、疾病予防の専門セミナーも聴講無料!
画像1_健診・健康管理EXPO_20181022.png  生活習慣病予防研究センター代表岡山明氏による「医療保険者の健康戦略と健康診断」、日本健康スポーツ連盟による「健康増進施設(医療法42施設)のデータに基づき現状と展望」や、「疾病予防に生かす心リハの知識・技術」など、会場内では様々な専門セミナーが開催されます。聴講は全て無料です。

 お申し込みは公式サイトからの事前登録制。定員に達し次第受付終了となりますので、お早めにお申し込みください。

睡眠、スポーツヘルスケア、医療・福祉・介護の展示会も同時開催!
 「第1回健康診断・健康管理EXPO」は「JMA未病改善プロジェクト」の総称のもと、3つの展示会で構成されており、スポーツヘルスケア製品・サービスが集う「第1回メディスポ」、良質な睡眠を推進する「第1回ぐっすりEXPO」も開催されます。

 また、今年で43回目を迎える病院・福祉設備機器の専門展示会「HOSPEX Japan2018」も同時開催。開催規模は合計400社、600ブースを予定しております。

 健康診断・健康管理EXPO 公式サイトはこちら↓ ロゴ_健診・健康管理EXPO_20181022.png

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
【生活習慣病の医療費】トップは入院では「脳血管障害」、入院外では「糖尿病」 特定健診と特定保健指導が重要 健保連
2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶