ニュース

【健やか21】AI健康アドバイスアプリを利用した肥満妊産婦への共同研究を開始(国立成育医療研究センター・リンクアンドコミュニケーション社)

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」より、専門職向けの学校保健・母子保健に関する最新情報をピックアップしてお届けします。
 「健やか親子21」では、「すべての子どもが健やかに育つ社会」の実現を一緒に推進して頂ける企業や団体を募集しています。詳細・登録はこちら≫健やか親子21応援メンバー登録

AI健康アドバイスアプリ:妊娠中から産後1年の肥満女性への効果を検証
 国立成育医療研究センターと株式会社リンクアンドコミュニケーションが、AI健康アドバイスアプリ「カロママ プラス」を用いた肥満妊産婦への共同研究を、2020年9月に開始しました。

 「カロママ プラス」は毎日の食事や運動・睡眠などのライフログを記録できると同時に、ダイエットのみならず、健康維持やロコモ・認知症予防などを目的に、AIが食事・運動の面から具体的で実践的なアドバイスを提供するアプリです。2017年よりサービスを開始し、現在約6,000以上の団体が導入しています。

 本研究は、妊娠・産後肥満女性の妊娠中と将来の疾病の重症化を予防することを目的に実施します。当アプリを利用する肥満妊産婦に対し、食事・睡眠への自動アドバイスや適切なタイミングでのコラムによる情報提供を行い、妊娠中から産後1年の肥満女性への効果(体重減少率が大きくなるか)を検証します。東京・大阪・群馬・愛媛の4施設で実施するとのことです。

【詳細はこちら】
プレスリリース「妊娠中・出産後の疾病予防へ 肥満妊産婦への共同研究を開始~ AI健康アドバイスアプリを利用して妊娠前後の体重変化を調査、全国4カ所で実施~」の掲載について(国立成育医療研究センター/2020年9月17日)

最新トピックス・イベント(2020年9月17日更新)

・著名人の自殺に関する報道にあたってのお願い(令和2年9月14日)の掲載について(厚生労働省)
・プレスリリース「妊娠中・出産後の疾病予防へ 肥満妊産婦への共同研究を開始~ AI健康アドバイスアプリを利用して妊娠前後の体重変化を調査、全国4カ所で実施~」の掲載について(国立成育医療研究センター)
・性犯罪・性暴力対策の強化の方針の決定について(文部科学省)
・「高校1年生の女子と保護者の方へ(子宮頸がん予防のためのHPVワクチン接種についてのお知らせ)」の掲載について(日本産科婦人科学会)
・令和2年度「薬と健康の週間」の実施について(厚生労働省)
・「生きづらさを感じている方々へ」の掲載について(厚生労働省)
・政府インターネットテレビ『上手な医療のかかり方「小児科」篇』の公開について(内閣府)
・子ども安全メール「Vol.520 楽しいお弁当の時間に思いがけない事故も!」の掲載について(消費者庁)
・プレスリリース「子どものインターネット依存状態の変化とその状態変化に関わる発達特性の関与を明らかにしました」の掲載について(弘前大学)
・地域総合小児医療検討委員会企画 シンポジウム「成育基本法 その先へ~地域総合小児医療を考える」(LIVE配信)の実施について(日本小児科医会)
・第40回 母子健康協会シンポジウム「乳幼児の食事とアレルギー...新しい授乳・離乳の支援ガイドを踏まえて...」の内容の掲載について(母子健康協会)
・「データベースを用いた国内発症小児Coronavirus Disease 2019 (COVID-19) 症例の臨床経過に関する検討」に基づく早期公開情報の掲載について(日本小児科学会)
・子どもたちに絵本で伝えるコロナウイルスのおはなし「せかいがかぜをひいたから」の案内の掲載について(日本小児科医会)
・ プレスリリース「ニホンザル胎仔の脳からポリ塩化ビフェニル(PCB)およびその代謝物(OH-PCB)を検出!妊娠初期のニホンザル胎仔において確認された汚染物質の脳移行はヒト胎児における脳移行性を予測」の掲載について(愛媛大学)

※詳しい情報は、健やか親子21(第2次)ホームページを参照。

「健やか親子21」とは?母子の健康水準を向上のための国民運動計画

 「健やか親子21」は、平成13年から始まった母子の健康水準を向上させるための様々な取組を、みんなで推進する国民運動計画。

 平成27年度からは、現状の課題を踏まえ新たな計画(~平成36年度)が始まりました。

 「健やか親子21(第2次)ホームページ」は、情報収集や情報を共有することによる交流・連携ができる有用なツールとして、様々な活動に役立つことが目的。

健やか親子21(第2次)ホームページ
トピックス一覧

[保健指導リソースガイド編集部]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2022年08月04日
【専門職の皆さまへ】地域・職域で実践できる飲酒・生活習慣改善指導!
「DASHプログラム」特設ページ開設のおしらせ
2022年07月11日
乳がんのマンモグラフィ検診 女性の半数は偽陽性を10年間で1回は経験 実はほとんどは陰性
2022年07月05日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援に対する御礼(IFL本部)
2022年06月23日
【オピニオン公開中】高齢者の特性に配慮した「エイジフレンドリー職場」を目指して
2022年05月12日
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について IFLレポート
2022年04月27日
IFLオーストラリア ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(5)
2022年04月14日
IFLオーストラリア
ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(4)
2022年04月04日
IFLオーストラリア ウクライナの糖尿病患者さんへの支援について(3)
2022年03月18日
ウクライナの糖尿病患者さんへ緊急支援のお願い(2) (IFLグローバル、国際糖尿病支援基金)
2022年03月09日
ウクライナの糖尿病患者さんへ緊急支援のお願い(1) (IFLグローバル、国際糖尿病支援基金)
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶