ニュース

月経にともなう身体・精神の症状はどうすれば抑えられる? 女性の生活の質を下げ社会進出を妨げる原因に

 月経中に発現する月経困難症と、月経前に発現する月経前症候群を総称した「月経随伴症状」は、月経のある若年女性の90%に発現し、そのうち30%は日常生活にも影響を及ぼすことが報告されている。月経随伴症状を改善することは、女性の生活の質の向上につながると期待される。

 筑波大学は、月経随伴症状について調査し、月経中の症状について、▼年齢が20歳以上であること、▼BMI(体格指数)が18.5未満と低いこと、▼月経期間が長いこと、▼月経周期が不規則であること、▼月経随伴症状の家族歴があること、▼ストレスレベルが高いこと、▼睡眠時間が7時間未満であること、▼就寝時間が23時以降であること、と関連していることを明らかにした。

 「これらの関連要因のうち、修正可能な要因を改善することで、月経随伴症状の発現や重症度が抑えられる可能性があります」と、研究者は述べている。

多くの女性が月経随伴症状を経験している

 筑波大学は、「月経随伴症状」の有無、および重症度に関連する要因について検討された論文を検索し、解析した結果を発表した。

 女性の体内では、月経初日から次の月経の前日までの月経周期で、女性ホルモンの著しい変動と出血をともなうことから、身体にさまざまな変化が生じる。これにともなう精神的・身体的な症状は、多くの女性が抱える健康課題のひとつになっている。

 月経中に発現する月経困難症と、月経前に発現する月経前症候群を総称した月経随伴症状は、月経のある若年女性の90%に発現し、そのうち30%は日常生活にも影響を及ぼすことが報告されている。したがって、これを改善することは、女性の生活の質の向上につながると期待される。

 月経随伴症状の有無や重症度に関連する要因は複雑に絡み合っている。しかし、これまでの研究は、それぞれが独立した報告にとどまっており、有効な予防策の構築にはいたっていなかった。

 「月経前や月経中の精神的・身体的症状は、月経随伴症状と呼ばれ、多くの若年女性が経験し、重度の場合は日常生活にも影響を及ぼすことが知られていますが、有効な予防策はつくられていません」と、研究者は述べている。

 「そのため、これまでに行われた研究の知見をまとめ、症状の有無と重症度に関連する要因について整理する必要があると考えられます」としている。

月経随伴症状はどんな女性に多いかを調査

 月経困難症は、月経期間中に月経に付随して起こる病的症状で、下腹部痛や腰痛を主症状とし、臓器の疾患をともなわず発現する原発性(機能性)月経困難症と、子宮内膜症や子宮筋腫などの臓器疾患が原因となって発現する続発性(器質性)月経困難症がある。

 また、経前症候群(PMS)は、月経前に3~10日間程度続く、精神的あるいは身体的症状で、月経の発来とともに減退あるいは消失する。なかでも精神的な症状が顕著な状態を、月経前不快気分障害という。

 解析した結果、月経中の症状については、▼年齢が20歳以上であること、▼BMI(体格指数)が18.5未満と低いこと、▼月経期間が長いこと、▼月経周期が不規則であること、▼月経随伴症状の家族歴があること、▼ストレスレベルが高いこと、▼睡眠時間が7時間未満であること、▼就寝時間が23時以降であること、と関連していることが分かった。

 月経中の症状の重症度は、BMIや喫煙習慣と関連し、月経前の症状は、喫煙習慣と関連することも分かった。

 「これらの関連要因のうち、修正可能な要因を改善することで、月経随伴症状の発現や重症度が抑えられる可能性があります。さらなる検討により、女性の健康支援に役立つ知見が得られると期待されます」としている。

月経随伴症状の身体特性や生活習慣を明らかに

 研究は、筑波大学大体育系の中田由夫准教授らの研究グループによるもの。研究成果は、「International Journal of Environmental Research and Public Health」に掲載された。

 研究グループは今回、2つの論文検索データベース(PubMed・医中誌)を用いて、2021年1月までに発表された月経随伴症状の有無および重症度に関連する要因について検討された論文を、システマティックレビューにより検索した。

 1,479件の論文がみつかり、これらについて、1次スクリーニングとして論文の表題と要約を精査し、1,109件の論文を除外、残った370件の論文の本文を、2次スクリーニングとして精読して、238件の論文を除外し、131件の論文を得た。

 その後、各論文の研究の質を、論文の質を評価する指標である「JBI」により評価し、JBIスコア≧50%の論文を選択した。これにより、131件の論文のうち77件が最終的な分析対象となった。

 これら77件の論文から、月経随伴症状の有無および重症度に関連する要因として、身体特性、月経特性、生活習慣のデータを抽出し、メタ解析を行った。

筑波⼤学体育系
Factors Associated with the Prevalence and Severity of Menstrual-Related Symptoms: A Systematic Review and Meta-Analysis (International Journal of Environmental Research and Public Health 2022年12月29日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2023年01月23日
【新型コロナ】感染に対する偏見が心理的負担をもたらす 働いている人の健康と生産性に障害が
2023年01月23日
【新型コロナ】感染約1年後も半数以上に後遺症が 倦怠感や味覚・嗅覚の異常、睡眠障害など
2023年01月23日
「受動喫煙」の悪影響は子供や孫の代にまで引き継がれる 危険なのはタバコの煙だけではない
2023年01月23日
月経にともなう身体・精神の症状はどうすれば抑えられる? 女性の生活の質を下げ社会進出を妨げる原因に
2023年01月20日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2023年版保健指導ノート」
2023年01月17日
【特定健診】40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群 健診受診率の引き上げと、働く人のヘルスリテラシーを向上することが課題に
2023年01月16日
【新型コロナ】コロナ禍で日本人の幸福度は継続的に低下 どんな人が幸福度が上昇しやすい?
2023年01月16日
【新型コロナ】国民が感染予防に取り組んだことでコロナ以外の感染症も減少 感染対策の継続が重要
2023年01月16日
わずか「1分間の運動」でも健康効果が 忙しい人も仕事や家事の合間に簡単な運動を行うと寿命を延ばせる
2023年01月16日
小児・若年者が対象の保健指導 適度な睡眠と身体活動を促すことが重要 [身体活動・座位行動・睡眠]の3つの行動
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶