ニュース

「受動喫煙」の悪影響は子供や孫の代にまで引き継がれる 危険なのはタバコの煙だけではない

 タバコはさまざまな健康被害をもたらす。自身がタバコを吸っていなくとも、周囲に喫煙者がいて、望まない受動喫煙により被害を受けている人は少なくない。

 タバコの煙に含まれる有害な物質が、体や衣服などに付着し、禁煙スペースまで運ばれ、近くにいる人々に悪影響をもたらす「残留受動喫煙」の危険性も指摘されている。

 親が子供の頃に受動喫煙にさらされていた場合、生まれてきた子供は喘息を発症するリスクが高くなる。また、妊娠している女性が受動喫煙にさらされると、生まれてくる赤ちゃんの遺伝子にも悪影響があらわれる可能性があるという。

望まない受動喫煙による健康被害は深刻

 受動喫煙に起因する年間死亡数は世界で60万人とされている。日本でも、受動喫煙により年間に1万5,000人が、肺がん、虚血性心疾患、脳卒中に罹患し死亡していると推計されている。

 国立がん研究センターなどの研究をもとにした「喫煙の健康影響に関する検討会報告書」によると、受動喫煙がもたらす健康被害として、▼がん、▼虚血性心疾患や脳卒中などの循環器疾患、▼呼吸器への急性影響、▼慢性呼吸器疾患、▼母子への影響などがある。

 受動喫煙による健康被害はさらに深刻であることが、最近のさまざまな研究で浮き彫りになっている。受動喫煙による被害は、喫煙者だけでなく、その子供や孫の代の健康にまで悪い影響をもたらしている可能性があるという。

 タバコを吸う習慣のある人に禁煙を勧め、望まない受動喫煙をなくすために、さらに強力な施策が必要とされている。

危険なのはタバコの煙だけではない 「残留受動喫煙」とは?

 米国のイェール大学によると、タバコの煙に含まれる有害な物質は、体や衣服などに付着し、禁煙スペースまで運ばれ、近くにいる人々に悪影響をもたらしている可能性がある。

 これは、「サードハンド・スモーク(残留受動喫煙)」とも呼ばれるもので、タバコを吸う人は、自身が有害物質を吸い込んでいるだけでなく、周囲にも有害物質を広げていると考えられている。

 たとえば、「喫煙所でタバコを吸っていた人が部屋に戻ってくると、タバコの匂いがする」「喫煙所から離れていても、タバコの匂いがする」と感じたことはないだろうか。これだけでも、残留受動喫煙の被害を受けているおそれがある。

 「残留受動喫煙による煙は、衣服や髪の毛などに付着し、非喫煙環境にも大量に移動している可能性があります。たとえば、喫煙者がいない部屋にいるときでも、前の時間にその部屋にいた人がタバコを吸っていた場合は、目には見えなくとも、タバコの煙に含まれる有害な物質が残っていると考えられます」と、同大学化学環境工学のドリュー ゲントナー氏は言う。

タバコの有害物質が体や衣服などに付着

 研究グループは、映画館に高感度の分析機器を設置し、気体や粒子として残っている数千の化合物を1週間にわたり追跡して調査した。

 その結果、タバコの煙に含まれるさまざまな揮発性の有機化合物は、喫煙する可能性が高い特定の観客が映画を観にきたときに劇的に増加した。

 タバコに含まれている有害成分が、壁や椅子、家具、カーテンなどにもしみ込んでいると考えられる。これらの有害な物質の量は、1時間に1~10本のタバコの受動喫煙にさらされた場合とおなじくらいだったときもあるという。

 「公共交通機関やオフィス、家庭、バーなどの換気の悪い場所では、第三者からのタバコの煙の排出により、有害な物質の濃度がかなり高くなる可能性があります。公共的な場所での喫煙の規制を徹底して行う必要があります」と、ゲントナー氏は指摘している。

受動喫煙は将来の世代の健康リスクも高める

 オーストラリアのメルボルン大学による別の研究によると、親が子供の頃に受動喫煙にさらされていた場合、生まれてきた子供は喘息を発症するリスクが高くなる。

 タバコの煙がもたらす健康への悪影響は、喫煙者とその子供だけでなく、孫にまで残ってしまう可能性があるとい

 研究グループは、呼吸器疾患に関する世界最大規模のコホート研究である「タスマニア縦断健康調査(TAHS)」に参加した1,689人の子供・父親・父方の祖父母を対象に調査を行った。

 その結果、父親が子供の頃に受動喫煙にさらされ、自分自身も成人してから喫煙し続けた場合、生まれた子供の喘息の発症リスクは72%高くなることなどが分かった。

 「喫煙による被害は、喫煙者だけでなく、その子供や孫の健康にも悪い影響をもたらす可能性が示されました。子供の頃に受動喫煙にさらされていた男性でも、ご自身がタバコを吸わなければ、自分の子供に健康リスクが引き継がれるのを回避できると考えられます」と、同大学公衆衛生学部のディン ブイ氏は言う。

 受動喫煙にさらされていた子供が成長して大人になったときに、生まれてくる子供はアレルギーや肺疾患などを発症するリスクが高くなる可能性もあり、研究グループは引き続き調査を続けるとしている。

妊娠中の女性の受動喫煙が赤ちゃんの遺伝子にも悪影響

 米国のバージニア コモンウェルス大学による別の研究では、妊娠中の女性の受動喫煙は、生まれてくる赤ちゃんの遺伝子にも悪影響をもたらし、成長してからのストレスや栄養、肥満や生活習慣病にも影響する可能性が示された。

 「エピジェネティック」は、DNAの塩基配列に依存しない、遺伝子の調節機構で、遺伝子のスイッチのオン・オフを制御していると考えられている。

 たとえば、母親が受けた環境やストレスの影響は、エピジェネティック情報として、生まれてくる子供にも受け継がれると考えられている。

 研究グループは、79人の妊婦を対象に、血中にあるニコチンの副産物であるコチニンの濃度や、受動喫煙によるエピジェネティックへの影響などを調べた。

 臍帯血をサンプリングし、エピゲノムワイド関連研究(EWAS)と呼ばれる詳細な解析をした結果、妊娠中の母親がタバコの煙にさらされることで、生まれた赤ちゃんに、エピジェネティックマークと呼ばれるDNAの分子的変化が起きていることが示された。

 さらに、妊娠している女性のほぼ4分の1は、自宅・職場・友人や親戚との会話などで、受動喫煙を経験したことがあることも分かった。

 「妊娠中の受動喫煙は、それが低レベルのものであっても、安全ということはないことが明らかになりました。少しの受動喫煙であっても、タバコの煙にさらされることで、エピジェネティックに痕跡が残り、生まれてくる赤ちゃんの健康に影響する可能性があります」と、同大学がん研究センターのベルナルド フエンメラー氏は述べている。

なくそう!望まない受動喫煙。(厚生労働省)
喫煙と健康 喫煙の健康影響に関する検討会報告書 (厚生労働省)
科学的根拠に基づくがん予防 - 国立がん研究センター「がん情報サービス」

Third-hand smoke is no joke, can convey hazardous chemicals (イェール大学 2020年3月4日)
Human transport of thirdhand tobacco smoke: A prominent source of hazardous air pollutants into indoor nonsmoking environments (Science Advances 2020年3月4日)
Thirdhand smoke linked to type 2 diabetes: Study has health implications for nonsmokers living in homes that have (or had) smokers (カリフォルニア大学 2016年3月2日)
A Health Threat to Bystanders Living in the Homes of Smokers: How Smoke Toxins Deposited on Surfaces Can Cause Insulin Resistance (PLOS ONE 2016年3月2日)
Second-hand smoke a possible asthma risk for future generations, study finds (メルボルン大学 2022年9月5日)
Pre-pubertal smoke exposure of fathers and increased risk of offspring asthma: a possible transgenerational effect (European Respiratory Journal 2022年10月6日)
'No level of smoke exposure is safe': Study links secondhand smoke during pregnancy to epigenetic changes in babies (バージニア コモンウェルス大学 2021年5月19日)
DNA Methylation in Babies Born to Nonsmoking Mothers Exposed to Secondhand Smoke during Pregnancy: An Epigenome-Wide Association Study (Environmental Health Perspectives 2021年5月19日)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2023年01月23日
【新型コロナ】感染に対する偏見が心理的負担をもたらす 働いている人の健康と生産性に障害が
2023年01月23日
【新型コロナ】感染約1年後も半数以上に後遺症が 倦怠感や味覚・嗅覚の異常、睡眠障害など
2023年01月23日
「受動喫煙」の悪影響は子供や孫の代にまで引き継がれる 危険なのはタバコの煙だけではない
2023年01月23日
月経にともなう身体・精神の症状はどうすれば抑えられる? 女性の生活の質を下げ社会進出を妨げる原因に
2023年01月20日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2023年版保健指導ノート」
2023年01月17日
【特定健診】40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群 健診受診率の引き上げと、働く人のヘルスリテラシーを向上することが課題に
2023年01月16日
【新型コロナ】コロナ禍で日本人の幸福度は継続的に低下 どんな人が幸福度が上昇しやすい?
2023年01月16日
【新型コロナ】国民が感染予防に取り組んだことでコロナ以外の感染症も減少 感染対策の継続が重要
2023年01月16日
わずか「1分間の運動」でも健康効果が 忙しい人も仕事や家事の合間に簡単な運動を行うと寿命を延ばせる
2023年01月16日
小児・若年者が対象の保健指導 適度な睡眠と身体活動を促すことが重要 [身体活動・座位行動・睡眠]の3つの行動
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶