オピニオン/保健指導あれこれ
行動科学に基づいた保健指導スキルアップ~対象者の行動変容を促すには?~(提供:田辺三菱製薬(株))

No.3-1 これからの保健指導ー行動科学を搭載したIoTを用いた保健指導の可能性と期待ー(提供:田辺三菱製薬(株))

新潟県立大学人間生活学部健康栄養学科・助教
玉浦 有紀
 これまでの連載では、より効果的な保健指導に向け、「行動科学」を活用したアセスメントを目標設定につなげることへの期待や、その評価・見直しを繰り返すことの重要性を取り上げてきました。

 また、「No2.行動科学を搭載したIoT有効活用のすすめ」では、そのような取り組みを支援するためのアプリの活用についても紹介しました。

 最終回(No.3)では、保健指導でアプリを用いることで、どのようなことが期待できそうか?を、実際の取り組みに基づいて紹介したいと思います。

★No.1はこちら
★No.2はこちら

企業健保のアプリによる保健指導の取り組み

 はじめに、A社の健康保険組合の保健指導で、No.2の記事で紹介したアプリ『TOMOCO』を用いたアプローチの結果を交え、IoTを用いた保健指導の可能性について考えたいと思います。

 A社では、特定健診の結果に基づく保健指導を数社に委託しており、動機づけ支援、または、積極的支援に該当した従業員は、いずれか一社の保健指導を選択して支援を受ける体制がとられています。2020年度の特定健診・保健指導では、一部の保健指導委託先と連携し、『TOMOCO』を用いたアプローチを実施しました。

 今回は、2021年7月までに、1ヶ月以上アプリを使用して、動機付け/積極的支援を受けた198人の「体重変化」に着目し、「アプリ使用状況」や「目標設定」との関連を検討しました。

対象者の特徴~どのような人がアプリ『TOMOCO』による保健指導を受けていた?~

【対象者の特徴】
 期間中、指導期間が1ヶ月以上の人は198人で、そのうち151人(76.3%)は指導期間が3ヶ月以上だった。対象者の9割以上は男性で、BMI>22と標準体重よりも大きい人が大半(95.5%)だった。

 また、肥満(25≦BMI)の該当者も半数以上(56.1%)いた。指導期間が1ヶ月以上の人のアプリ平均起動割合は20.5%で、3ヶ月以上の人では22.5%だった。

【性別】男性181人(91.4%)、女性17人(8.6%)
【平均年齢(標準偏差)】50.3(5.5)歳
【BMI平均(標準偏差)】25.7(2.7)kg/㎡
【BMI区分】図1のとおり

■図1:【BMI区分】

アプリ『TOMOCO』による保健指導の結果~減量に成功した人の特徴は?~

【減量に成功した人の特徴】
 減量に成功した人は、アプリの起動率が高く、その中で「目標の設定・評価」や「体重記録(セルフモニタリング)」を継続している人が多かった。

 アプリによる保健指導の最終目的は、やはり「メタボリックシンドロームの改善」になります。

 『TOMOCO』では、指導者からの指示ではなく、対象者自らが「目標設定」を行い、「行動変容」できることで、身体状況(メタボリックシンドローム)の改善につながることを目指しています。

 今回は、メタボリックシンドロームの判定に用いられる項目全てではありませんが、指導期間を通して必ず評価を行う「体重(BMI)」に焦点をあて、「目標設定」を支援するアプリを使った指導を受けることで、本当に体重(BMI)に改善が見られるか?そして改善が見られた場合、どのような対象者において改善されたか?を検証しました。

 1ヶ月以上アプリによる保健指導を受けた人のうち、開始時のBMIが標準体重以上(BMI>22)であった189人を対象に、「体重変化(減量の成功)」をアウトカムとして、以下を検討しました。

どのくらいの人が、減量に成功していた?

 アプリを用いた保健指導では、指導期間中の「体重」の評価も、対象者自身(自己申告)となります。

 そこでまず、どの程度の人が、アプリで体重記録をつけていたかを評価したところ、1ヶ月後(開始4~5週間後)に体重記録をつけていた人が、46人(24.3%)と全体の1/4程度、1ヶ月後、3ヶ月後ともに体重記録をつけていた人が、23人(12.2%)と1割強程度でした。

 一方、体重記録をつけていた人では、1ヶ月後、その8割以上(39人(84.8%))が減量できており、3ヶ月後まで記録をつけていた人では、その9割程度(20人,87.0%)が、1ヶ月後と3ヶ月後の両時点で、開始時からの減量に成功していました(全体の1割程度(10.6%))。

 つまり、体重記録をつけようとするレベルの行動変容ステージにある人が、アプリ(TOMOCO)を使用し、体重を記録すること(セルフモニタリング)は、「減量の成功」とも関連する可能性がうかがえました。

■図2

では、減量に成功した人はどのような人だったのでしょうか?次回、No.3-2では、<実際に減量に成功した人は、なぜ成功したのか?>を考えていきます。

 

「健診・検診」に関するニュース

2022年09月28日
10月1日から有害業務に伴う歯科健康診断の報告 ―規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ 職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」保健師の実践活動から、強みと意義を考える
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶