オピニオン/保健指導あれこれ
中学生・高校生 2万人を対象にした思春期アンケート調査

No.2 思春期の悩みと相談先について

厚生労働省 子ども・子育て支援推進調査研究事業
永光 信一郎(久留米大学小児科学講座 准教授)研究班

中学生の悩みとその相談先

 今回は、中高生2万人の悩みについてご紹介します。まずは、中学生の悩みを見てみましょう。

※グラフ詳細は【Adolescence】〜思春期の悩みと相談先〜(中学生) でご覧ください。

 中学生の悩みでもっとも多かったのは「成績」や「将来の進路」についてでした。 体型や容姿など「身体」のことも中学生の3人に1人は悩んでいることがわかりました。「友だちとの関係」は4人に1人が悩みをもっています。

 悩みの相談先は「家族・親戚」が多く、おそらく両親、または兄弟に相談していると考えられます。

高校生の悩みとその相談先

 高校生も中学生と同様の結果で、「成績」「将来の進路」や「身体」のことについての悩みが多いことがわかりました。

※グラフ詳細は【Adolescence】〜思春期の悩みと相談先〜(高校生) でご覧ください。

 悩みは同様ですが注目していただきたいのは、相談先です。中学生と比較して、「ネット・掲示板など」の割合が高いことがわかります。

 自分の成績でどこの大学に合格できるかや性については家族や友だちには聞きにくいと感じ、掲示板で相談することが多くなるのかもしれません。

中高生の悩みを聞いてあげよう!「ネット・掲示板など」の正しい使い方も

 成績や進路の悩みは、子どもたちの身体や心の健康にも直結してくることと思います。「勉強しなさい!」とついつい言ってしまいますが、「勉強や進路のことで、どんなことを心配してる?」と聞いてあげることも大切です。

 また、高校生の相談先に多い「ネット・掲示板など」は、正しい情報を提供しているのか、また、犯罪に巻き込まれている子どもたちがとても増えているという現状もありますので、正しい使い方もしっかりと伝えていくことが重要です。

「学校保健」に関するニュース

2021年09月22日
カラフルな「果物」を食べると肥満やメタボのリスクが減少 認知機能の低下も抑制
2021年09月16日
【健やか21】国内最大の新型コロナウイルス感染症レジストリを使って"小児コロナ患者"の実態を解明(国立成育医療研究センター)
2021年09月14日
【子宮頸がん】HPVワクチンの積極的な接種勧奨の再開を 接種機会を逃した女性に対する支援も必要
2021年09月07日
「糖質制限」で肥満・メタボのリスクを低下 甘いお菓子や清涼飲料が心筋梗塞や脳卒中の原因に
2021年09月07日
メンタルヘルスも「予防」する時代―第10回日本ポジティブサイコロジー医学会の紹介
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶