オピニオン/保健指導あれこれ
学校保健

中学生・高校生 2万人を対象にした思春期アンケート調査

厚生労働省 子ども・子育て支援推進調査研究事業
永光 信一郎(久留米大学小児科学講座 准教授)研究班

プロフィール

  • 永光 信一郎(久留米大学小児科学講座 准教授)研究班
  • 永光 信一郎(久留米大学小児科学講座 准教授)研究班
    厚生労働省 子ども・子育て支援推進調査研究事業
     久留米大学 研究班が、2016年12月、1998年~2003年生まれの若い人たちを対象に全国の中学校・高等学校52校、22,414人の協力により、「結婚」「家族」「将来」をテーマにアンケートを行いました。

     その調査結果を、健やか親子21のホームページ特設コーナーと、パンフレットで一般公開しております。

     特設ページ「中学生・高校生 2万人を対象にした思春期アンケート調査 【Adolescence】〜わからないことがここにある〜」を子育てに関わる専門職の方に向けて編集しました。 若い世代が大人の世界をどう思っているのか、悩みは何なのかなど、考えていきたいと思います。

    ※本成果物は、平成28年度厚生労働省子ども・子育て支援推進調査研究事業の助成及び健やか親子21推進協議会の協力を受けて作成したものですが、記述内容につきましてはあくまでも当研究班の見解となります。

    【参考】
    中学生・高校生 2万人を対象にした思春期アンケート調査 【Adolescence】〜わからないことがここにある〜
    パンフレット「Adlescence - わからないことがここにある。」

「学校保健」に関するニュース

2022年11月29日
「肥満の人は生活がだらしなく自己管理ができない」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
2022年11月28日
【新型コロナ】コロナ禍のストレスや不安が子供にも影響 子供の「神経性やせ症」は減っていない
2022年11月25日
新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に注意 感染状況に応じたリーフレットを公開
2022年11月21日
「果物」を食べるとうつ病リスクが3分の1に減少 フラボノイドなどの果物の天然成分がうつに予防的に働く?
2022年11月18日
自殺総合対策大綱には女性の自殺対策を重点施策に 令和4年版「自殺対策白書」
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶