オピニオン/保健指導あれこれ
働く人のメンタルヘルス

ストレスチェック制度と産業保健師の役割

保健師・看護師・精神保健福祉士/会社の保健室 代表
徳永 京子

大きな窓から大阪の街が一望できる高層ビル。一仕事終えて、見おろす夜景がきれいな20Fに私の小さなカウンセリングルームがあります。

ここには、自分と向き合い、自分の人生を取り戻そうと願う人たちが、やってきます。じっくり自分の心に語りかけ、たっぷりエネルギーを補充しながら、しっかり夢を育てるための第一歩を踏み出すのです。

行政で働く保健師だった私は、2005年、「うつ病」と診断されました。1年間休職をしましたが、復職を間近に控えた翌年の春、24年間の公務員生活に幕を下ろしました。

プロフィール

  • 徳永 京子
  • 徳永 京子
    保健師・看護師・精神保健福祉士/会社の保健室 代表

    経 歴

    大阪府立看護大学卒業後、大阪府に入職。大阪府下保健所で地域住民の健康相談・健康づくり業務に携わるが、働き盛りの40代にメンタル不調を体験。

    長年勤めた大阪府を退職後、大手電機メーカー、IT関連会社、福祉系専門学校、EAP会社等で心身の健康管理と教育に携わる。

    メンタルヘルスをミッションに、セミナー講師として企業や自治体で講演活動を展開。

    キャリアShuka セミナー講師デビュープロジェクト セミナーコンテストで初代グランプリ受賞、講師オーディション優勝、依頼講師件数3,000本を超える実力派講師。

    自身のメンタル不調をきっかけに心理学を学び、リワーク(復職)だけではなく、リライフ(人生を取り戻す)を目標にこころと向き合っている。

「働く人のメンタルヘルス」に関するニュース

2022年12月06日
「健康寿命延伸に向けて 日本人の健康課題」へるすあっぷ21 12月号
2022年12月05日
認知機能の低下による要介護リスクを簡単な質問で推定 「周りからの物忘れの指摘」など3つの質問
2022年12月01日
12月は『職場のハラスメント撲滅月間』 「職場におけるハラスメント対策シンポジウム」もオンラインで開催
2022年11月29日
【特定健診】メタボ健診はうつ病のリスク判定にも有用 メタボの要素が増えるごとにうつ判定が上昇
2022年11月29日
「肥満の人は生活がだらしなく自己管理ができない」は誤解 日本肥満学会「肥満症診療ガイドライン2022」
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶