オピニオン/保健指導あれこれ
感染症対策

コロナ禍二年目 私たちは何をしていこうか

H Sプランニング/代表
亀ヶ谷 律子

 「コロナ禍二年目」の2021年。私たち保健師はどのように新型コロナウイルスを含む感染症対策に取り組んでいくことが望ましいのでしょうか。

 また、組織の中でこれまで実施してきた産業保健活動に対する今後のかかわり方について、この一年の保健師の活動の実際を踏まえながら、いくつかのテーマを挙げて考えてみたいと思います。

プロフィール

  • 亀ヶ谷 律子
  • 亀ヶ谷 律子
    H Sプランニング/代表

    経 歴

    教員、行政保健師経験後(公財)神奈川県予防医学協会、(公財)結核予防会、(公社)日本看護協会勤務。
    2009年 HSプランニング代表。東京都や神奈川県内の企業・組織の健康支援事業に取り組むとともに、保健師の現任教育に尽力。
    「保健指導リソースガイド」にて産業保健師プロフェッショナルカンファレンスやHRGLaboの企画実施、よろず相談担当のほか、保健師の業務に役立つ資料の作成や情報提供も担当している。

    社会活動等

    日本産業保健師会 理事

「感染症対策」に関するニュース

2022年06月27日
【新型コロナ】学校での感染の実態を調査 中学生以下はクラス内、高校は部活での感染が多い 文科省
2022年06月20日
【新型コロナ】スポーツ観戦での声出し応援は感染リスクを高める? 「十分に対策していれば安全」と結論
2022年06月20日
【新型コロナ】コロナ禍で自殺者が増加 若い世代や女性で顕著 追い詰められた人に支援が届いていない可能性
2022年06月20日
【新型コロナ】「ワクチンパスポート」により接種率は大幅に上昇 ワクチン忌避者の接種率を上げる切り札に
2022年06月20日
【新型コロナ】テレワークの増加と夫婦関係の変化などを調査 コロナ禍は夫婦関係にも影響した?
みんチャレの新しい禁煙
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶