関連資料・リリース情報

「平成23年労働災害防止対策等重点調査」

「平成23年労働災害防止対策等重点調査」
(厚生労働省/2012年10月25日)
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/h23-46-50.html

○概要
厚生労働省は、第11次労働災害防止計画(平成20年度を初年度とする5か年計画)の評価及び次期計画の策定等に向けて、喫緊の課題であるメンタルヘルス対策及び過重労働による健康障害防止対策や、リスクアセスメントなど労働災害防止対策等の重点課題に対応する「労働安全衛生特別調査(労働災害防止対策等重点調査)」(新設)を平成23年11月に行い、調査結果を取りまとめ公表した。

○ポイント
【事業所調査】
 ・メンタルヘルスケアに取り組んでいる事業所 43.6%
 ・取り組んでいない理由(複数回答)で最も多いのは「必要性を感じない」 48.4%
 ・過去6か月間に長時間労働者へ医師の面接指導等を行った事業所 14.0%
 ・リスクアセスメントを実施する事業所 46.5%
 ・受動喫煙防止対策に取り組んでいる事業所 83.9%

【労働者調査】
 ・過去1年間に仕事や職業生活に強い不安、ストレスを感じた労働者 32.4%
 ・過去1か月間に時間外・休日労働があった労働者のうち「月100時間を超える」人 2.6%、「月80時間を超え、100時間以下」の人 2.3%、「月45時間を超え、80時間以下」の人 12.9%

(厚生労働省/2012年10月25日)

[soshinsha]

「行政・団体の関連資料」に関する資料・リリース

2021年10月21日
医師の立ち会いなく診療放射線技師が乳房エックス線検査実施可能に―「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」改正
2021年10月20日
令和2年度「事業場における保健師・看護師の活動実態に関する調査報告書」を公開
2021年10月12日
動画版「令和3年版 労働経済の分析」が公開されました
2021年09月13日
令和2年(2020)人口動態統計(確定数)の概況―出生数は過去最少の840,835人
2021年09月09日
「令和2年度化学物質のリスク評価検討会報告書」を公表

「行政・団体の関連資料」に関するニュース

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶