関連資料・リリース情報

「野菜・果物摂取と乳がん罹患との関連について」

「野菜・果物摂取と乳がん罹患との関連について」
(多目的コホート研究(JPHC研究)/2013年12月10日)

 多目的コホート(JPHC)研究から、野菜と果物の摂取と乳がん発症との関連を検討した研究の結果が発表された。今回の結果では、野菜・果物を総摂取量でみると関連はみとめられなかったが、日本人がよく食べている大根を含む「アブラナ科野菜」の摂取量と、閉経前女性の乳がん発生との間に予防的な関連が観察された。

○主なポイント
・総野菜・総果物摂取量全体では、乳がん発生との関連は観察されなかった

・閉経前の女性では「アブラナ科野菜」の摂取量が高いほど乳がんになりにくい

・「アブラナ科野菜」の摂取量が高いほどホルモン依存性の乳がんになりにくい可能性

成果報告

(多目的コホート研究(JPHC研究)/2013年12月10日)

[soshinsha]

「がん」に関する資料・リリース

2021年10月21日
医師の立ち会いなく診療放射線技師が乳房エックス線検査実施可能に―「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針」改正
2021年09月29日
全国2,900人に実施!「乳がんに関する意識調査2021」の結果を公開
2021年09月13日
みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト
2021年09月10日
「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」の申請受付開始
2021年08月27日
第33回がん検診のあり方に関する検討会(資料)

「がん」に関するニュース

2021年10月26日
COPD(慢性閉塞性肺疾患)について知っていますか? 咳・痰・息切れがある人は要注意
2021年10月20日
「乳がん」は早期発見すれば治る病気 10月は「ピンクリボン月間」 コロナ禍でがん検診の受診者が減少
2021年10月06日
「職場のハラスメント対策 ~今日的課題と対策~」へるすあっぷ21 10月号
2021年09月28日
「HPVセルフチェックキット」サンプルセットの申込受付中!Web×郵送で注目を集める子宮頸がん早期スクリーニング検査
2021年09月27日
「健康経営銘柄2022」「健康経営優良法人2022」の申請受付中!令和3年度の調査に反映されるポイントをご紹介

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶