関連資料・リリース情報

「5つの健康習慣とがんのリスクについて」

「5つの健康習慣とがんのリスクについて」
(多目的コホート研究(JPHC研究)/2013年12月10日)

 多目的コホート(JPHC)研究から、がんとの関連が重要視されている喫煙、飲酒、食事、身体活動、肥満度の5つの要因の組み合わせによって個人の10年間でがんを発生する確率を求めた研究結果が発表された。

●5つの健康習慣の定義
 1. 非喫煙(過去喫煙は含みません)
 2. 節酒(エタノール換算で150g/週未満)
 3. 塩蔵品を控える(0.67g/日未満)
 4. 活発な身体活動
  (男:37.5メッツ・時/日以上、女:31.9メッツ・時/日以上)
 5. 適正BMI(男:21-27、女:19-25)

成果報告

(多目的コホート研究(JPHC研究)/2013年12月10日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「データヘルス計画」に関する資料・リリース

2023年01月05日
第3回第3期データヘルス計画に向けた方針見直しのための検討会議事録(2022年11月7日)
2022年12月27日
健診等情報利活用ワーキンググループ 民間利活用作業班(第10回)資料
2022年12月19日
【資料】データヘルス計画等支援サイトにて「最終評価と計画策定マニュアル(国保向け)」等を公開中
2022年08月29日
スマートフォンアプリを活用した特定保健指導の効果検証を実施 ~朝晩の体重測定によって、3ヶ月で平均体重2kgの減量効果を確認~
2022年08月09日
未来の健康づくりに向けた「アクションプラン2022」

「データヘルス計画」に関するニュース

2023年01月30日
【職場の保健指導】生活改善プログラムでは職場の雰囲気を変えることも必要 健康支援も個別化を
2023年01月30日
肥満者へのオンライン生活指導は効果がある 個別化した情報提供と専門家の助言が重要
2023年01月23日
「受動喫煙」の悪影響は子供や孫の代にまで引き継がれる 危険なのはタバコの煙だけではない
2023年01月17日
【特定健診】40歳以上の半数は生活習慣病かその予備群 健診受診率の引き上げと、働く人のヘルスリテラシーを向上することが課題に
2023年01月05日
特定保健指導は効果があった! 肥満指標はわずかに改善 血糖や中性脂肪も 582万人のデータを解析

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶