関連資料・リリース情報

「日本人の長寿を支える「健康な食事」の普及について」

「日本人の長寿を支える「健康な食事」の普及について」
(厚生労働省/2015年9月9日)

 厚生労働省は、「健康な食事」のあり方に関する検討を重ね、平成26年10月に検討会報告書としてとりまとめ、今回、「『健康な食事』の普及について」及び「生活習慣病予防その他の健康増進を目的として提供する食事の目安の普及について」の通知を自治体及び関係団体宛てに発出した。

 この通知による取組は、国民健康づくり運動である「健康日本21(第二次)」に基本的な方向として掲げる健康寿命の延伸に向けて、個人の食生活の改善と社会環境の整備を推進することを目的としたもの。

(厚生労働省/2015年9月9日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「栄養」に関する資料・リリース

2022年09月15日
ナッジを応用した健康づくりガイドブック
2022年09月15日
「食生活改善普及運動」普及啓発用素材等の公開のご案内
2022年08月29日
スマートフォンアプリを活用した特定保健指導の効果検証を実施 ~朝晩の体重測定によって、3ヶ月で平均体重2kgの減量効果を確認~
2022年08月29日
疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)
2022年07月19日
「熱中症? いや、脳梗塞かもしれない!」症状の見分け方と対策/脳梗塞予防の決め手は血管力のアップと牛乳パワー

「栄養」に関するニュース

2022年10月03日
スマホの「食事記録アプリ」は正確? コンビニ食は簡単・正確に測定できる 病院食では栄養価を過大評価
2022年10月03日
「痩せ」と「朝食抜き」の人でタンパク尿が増加 タンパク尿は腎臓病のリスクを知らせるSOS
2022年09月26日
【特定健診】健診の無償化に受診促進の効果が 「若年層や低所得層への受診促進策も必要」
2022年09月26日
保健指導では規則正しい生活リズムを重視 活動的な高齢者は幸福を感じやすく認知能力も高い
2022年09月26日
肥満があると腰痛リスクが上昇 BMIが5%増えると腰痛リスクは11%増加 BMIを10%減らすのを目標に

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶