関連資料・リリース情報

「平成26年「国民健康・栄養調査」の結果」

「平成26年「国民健康・栄養調査」の結果」
(厚生労働省/2015年12月9日)

◆所得により生活習慣の状況に差、健診の未受診者で健康状態に課題◆

○ポイント
【所得と生活習慣等に関する状況】

・生活習慣等の状況について、所得の低い世帯では、所得の高い世帯と比較して、穀類の摂取量が多く野菜類や肉類の摂取量が少ない、習慣的に喫煙している者の割合が高い、健診の未受診者の割合が高い、歯の本数が20歯未満の者の割合が高いなど、世帯の所得の違いにより差がみられた。


【健診の受診に関する状況】

・健診を受診していない者では、健診を受診している者と比較して、男女ともに現在習慣的に喫煙している者の割合、運動習慣がない者の割合、血圧の平均値が高く、女性に関しては肥満者の割合も高かった。


【基本項目に関する状況】

・肥満者の割合、糖尿病が強く疑われる者の割合は、男女ともに増加せず推移し、収縮期血圧の平均値は経年的にみて男女ともに低下傾向にあるなど、生活習慣病の予防対策に一定の効果がみられている。

・一方で、喫煙している者の割合は平成22年以降男女とも減少しておらず、このうち、たばこをやめたいと思う者の割合が男性26.5%、女性38.2%にとどまるなど、引き続き対策が必要である。

(厚生労働省/2015年12月9日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年07月06日
「家族と健康」WEB版 7月号
2022年07月04日
「第11回健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)募集開始のお知らせ
2022年06月09日
2021(令和3)年度 全国保健所長会協力事業
2022年06月07日
「家族と健康」WEB版 6月号

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶