関連資料・リリース情報

「2016年世界保健デーのテーマは「糖尿病」」

「2016年世界保健デーのテーマは「糖尿病」」
(厚生労働省/2016年3月28日)

■2016年の世界保健デー(4月7日)のテーマは「糖尿病」
 本年のスローガンは「糖尿病に負けるな(Beat diabetes)」。糖尿病の患者数増加や合併症について啓発し、糖尿病対策(予防、診断、治療、ケア)を推進することを目指している。

 厚生労働省は、2013年(平成25年)4月から開始した「健康日本21(第二次)」において、糖尿病対策に関する指標を一次予防、二次予防、三次予防それぞれ「発症予防」、「重症化予防」、「合併症による臓器障害の予防・生命予後の改善」とし、それぞれに関する目標を設定し、その達成のためさまざまな施策を展開している。

 日本国内では、糖尿病が強く疑われる人が950万人、糖尿病の可能性が否定できない人が1,100万人と推計され、合計2,050万人が糖尿病有病者と推計されている。

(厚生労働省/2016年3月28日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2024年03月05日
標準的な健診・保健指導プログラム(令和6年度版)
2024年03月05日
特定健診・保健指導に係るオンライン資格確認(資格確認限定型)の導入等について(周知)
2024年02月29日
令和4年度 健保組合医療費の動向に関する調査
2024年02月19日
「健康に配慮した飲酒に関するガイドライン」を公表します
2024年02月06日
【資料等】第14回 重症化予防(国保・後期広域)ワ-キンググループ

「特定保健指導」に関するニュース

2024年03月05日
業態別の健康課題を見える化 「働き世代の健康データブック」を公開 企業の健康経営を支援 協会けんぽ京都支部
2024年03月05日
【横浜市】がん検診の充実などの対策を加速 高齢者だけでなく女性や若い人のがん対策も推進 自治体初の試みも
2024年03月04日
子宮頸がん予防のためにできること HPVワクチンのキャッチアップ接種の副反応を調査 90%が「不安はない」と回答
2024年03月04日
中年成人の肥満・メタボの解消にオンラインの保健指導が役立つ 社会的サポートは多ければ多いほど嬉しい
2024年03月04日
更年期障害を改善するのにマインドフルネスや認知行動療法が効果的 不安やうつが改善 心理社会的介入も必要

関連コンテンツ

アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶