関連資料・リリース情報

「第1回保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 議事概要」

「第1回保健医療分野におけるAI活用推進懇談会 議事概要」
(厚生労働省/2017年1月25日)

○議題
(1)保健医療分野におけるAIの活用に向けた対応方策の策定について
(2)その他

▼各構成員からの主な意見としては以下のとおり。
○保健医療分野での活用にあたっては、従来の機械学習等とディープラーニングの組合せが重要

○AIの学習には教師付きデータが必要不可欠であり、収集・活用する仕組みの整備が必要

○AIを先行して開発するだけでなく、後で追い越されてしまうことのないよう、質の高いデータベースの整備も必要

○画像診断、病理診断(特に喀痰細胞診)、精神疾患診断にディープラーニングの応用が可能

○従来の機械学習等により地域医療における診療支援や副作用等の発見・アラートが可能

○外科領域においてAIを活用するためには、データの構造化と各種データの統合が必要

○ディープラーニングを活用すれば音声入力の精度が向上し、医療従事者の負担を軽減することが可能

(厚生労働省/2017年1月25日)

[soshinsha]

「健診・検診」に関する資料・リリース

2021年06月01日
「糖尿病性腎症重症化予防プログラムの効果検証等事業」の報告書を公開
2021年06月01日
「家族と健康」WEB版 6月号
2021年05月14日
「禁煙治療のための標準手順書-第8版-」を公開
2021年05月10日
新版 保健師業務要覧 第4版 2021年版
2021年03月25日
絵文字でわかりやすい!「食育ピクトグラム」
2021年03月25日
「子どもの健康と発達をたばこから守る」報告書を公開
2021年03月23日
【専門家に聞く】肥満症3分間Q&A
2021年03月10日
特定健康診査・特定保健指導の円滑な実施に向けた手引き(第3.2版)
2020年12月21日
保健指導の効果的推進を図る「日本保健指導協会」が発足
2020年12月18日
「保健指導・健康教育に関する実態調査」の結果を公開

「健診・検診」に関するニュース

2021年06月01日
実行しやすい健康改善プランを提案するAI(人工知能)を開発 健診データから1人ひとりに最適なプランを選択
2021年06月01日
日本の代表的な6研究機関が連携 36.6万人規模のゲノムコホートを構築 「個別化医療・個別化予防」の早期実現を目指す
2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月20日
【オピニオン新連載】緊急事態宣言下で前進した特定保健指導のオンライン化と働き方 ―総合健康保険組合の取り組み―
2021年05月18日
心理的ストレスが腸内細菌を乱すメカニズムを解明 うつ病に腸内細菌叢が大きく関わっている 「脳腸相関」を解明
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年05月10日
「腸内環境」は植物性食品で整えられる 肥満やメタボの人は「腸内エコシステム」が乱れやすい
2021年05月10日
【新型コロナ】リモートワークで生活リズムが乱れ睡眠不足に 自然光の変化に合わせた室内照明で睡眠の質を向上
2021年05月10日
【新型コロナ】47都道府県の対応をランキング化 最下位は大阪府 最上位になったのはどの県?
2021年04月28日
三世代同居ではないシングルマザーの約9人に1人が「こころの不調」の可能性~国立成育医療研究センター調査

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,890 人(2021年06月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶