関連資料・リリース情報

児童相談所における保健師の活動ガイド

児童相談所における保健師の活動ガイド

 子ども虐待に対する全国の児童相談所の相談対応件数は、2019年度で年間19万件を超え過去最多を更新し、子どもの生命が奪われる重大事件も後を絶たないなど、由々しき事態は続いています。

 「児童相談所強化プラン」では、専門職増員の数値目標が掲げられ、2016年の児童福祉法の改正により保健師の配置も明記されました。しかし、児童相談所に配置された保健師の位置づけや配置状況、業務内容については相当の幅があり、保健師・児童福祉司等ともに混乱を来している実態も見受けられました。児童虐待対応の中核となる専門機関での保健師の専門性を活かした効果的な虐待家族への支援、子育て家庭への在宅支援、社会的養育等に活かすことが求められています。

 こうした背景の中、児童相談所における保健師の活動をまとめたものが本ガイドです。

(社会福祉法人横浜博萌会 子どもの虹情報研修センター)

[soshinsha]

「学校保健」に関する資料・リリース

2022年01月13日
令和3年 子供の生活状況調査の分析 報告書
2022年01月13日
「看護職のためのメンタルヘルス相談窓口」を開設
2022年01月06日
「家族と健康」WEB版1月号
2021年12月27日
令和3年度「保健師活動領域調査(領域調査)」の結果を公表
2021年12月20日
児童相談所における保健師の活動ガイド

「学校保健」に関するニュース

2022年01月24日
【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「すぐに接種を」
2022年01月18日
【新型コロナ】小・中学生の体力が低下 運動時間が減少し、肥満は増加 スポーツ庁「全国体力・運動能力調査」
2022年01月11日
【新型コロナ】母乳育児が大幅に減少 母乳には大切なベネフィットが 授乳中のワクチン接種は安全
2022年01月06日
「エビデンスから紐解く 心を整える生活習慣」へるすあっぷ21 1月号
2022年01月05日
東京栄養サミット2021 アクションプラン 「食:健康的で持続可能な食料システムの構築」に向けて行動を開始

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶