関連資料・リリース情報

ムキムキを目指すだけが筋トレではない。筋トレで死亡・疾病リスクが減少 週30~60分を目安に

ムキムキを目指すだけが筋トレではない。筋トレで死亡・疾病リスクが減少 週30~60分を目安に

 東北大学大学院医学系研究科 運動学分野、早稲田大学、九州大学の研究グループは、これまで公表されている研究結果を網羅的に収集して分析した結果、筋トレを実施すると、総死亡・心血管疾患・がん・糖尿病のリスクは10〜17%低い値を示し、総死亡・心血管疾患・がんについては週30〜60分の範囲で最もリスクが低く、糖尿病は実施時間が長ければ長いほどリスクが低くなることを明らかにしました。
 さらに、筋トレの実施時間が週130~140分を超えると、総死亡・心血管疾患・がんに対する筋トレの好影響は認められなくなり、リスクは高い値を示したとのことです。

 本結果は筋トレの長期的な健康効果を示す一方、やりすぎるとかえって健康効果が得られなくなってしまう可能性を示唆する重要な知見です。

(東北大学/2022年 3月 1日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「運動」に関する資料・リリース

2022年06月09日
慢性腰痛に対するモバイルアプリを用いた新たな患者教育と運動療法の効果
2022年04月28日
フレイル・ロコモ克服のための医学会宣言を掲載いたしました。
2022年04月26日
ニュースレター『Obesity Report』 第10号
2022年04月22日
働く女性のヘルスケアガイド おさえておきたいスキルとプラクティス
2022年03月31日
日頃の階段の利用が多いと心房細動罹患リスクが低い:都市部地域住民を対象とした吹田研究

「運動」に関するニュース

2022年08月04日
「発達障害への理解と職場での対応」へるすあっぷ21 8月号
2022年08月01日
歩数計やスマホを持ち歩けば毎日の歩数を1800歩増やせる すべての年齢層で効果を期待
2022年07月25日
【新型コロナ】コロナ禍で運動不足に 運動はメンタルヘルスを改善 認知症リスクも低下
2022年07月25日
【新型コロナ】感染症と熱中症の対策を両立 「熱中症対応の手引き」を公開 日本救急医学会
2022年07月19日
【新型コロナ】ワクチン接種は肥満の人の重症化リスクも減らす すべての体重の人に効果が

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶