関連資料・リリース情報

新型コロナウイルス感染後の20歳未満の死亡例に関する積極的疫学調査(第二報)

新型コロナウイルス感染後の20歳未満の死亡例に関する積極的疫学調査(第二報)

 2022年以降の感染拡大に伴い、小児の感染者数が増加し、小児の重症例、死亡例発生への懸念から、厚生労働省及び国立感染症研究所は、関係学会(日本小児科学会、日本集中治療医学会、日本救急医学会)と協力して、SARS-CoV-2感染後の20歳未満の死亡例について、急性期以降の死亡例も含め幅広く調査対象とし、積極的疫学調査を実施している。

 本報告は、2022年1月1日から2022年9月30日までの小児等の死亡例についてまとめたもの。

(国立感染症研究所/2022年12月28日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「新型コロナ」に関する資料・リリース

2023年01月31日
第37回がん検診のあり方に関する検討会(資料)
2023年01月24日
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第5版)」を公開
2023年01月12日
新型コロナウイルス感染後の20歳未満の死亡例に関する積極的疫学調査(第二報)
2023年01月11日
職域のための新型コロナウイルス感染症対策ガイド(第6版)
2022年12月20日
(2022年12月版)新型コロナウイルス感染症の"いま"に関する11の知識

「新型コロナ」に関するニュース

2023年02月07日
【新型コロナ】マスク着用によりインフルエンザも減った 人の多い所を避けることにも効果が
2023年02月07日
高齢者のフレイル予防のウォーキングは1日に何歩が必要? 高齢者の運動量の最適値を明らかに
2023年01月31日
【新型コロナ】休校中に生活リズムが乱れた子供は睡眠時間が減少 夜型の生活をしている子供は要注意
2023年01月30日
肥満者へのオンライン生活指導は効果がある 個別化した情報提供と専門家の助言が重要
2023年01月30日
患者を介護する「家族介護者」にも医療・介護の専門職のケアが必要 健康行動の適切な助言も専門職の役割

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶