ニュース

睡眠の質を改善する秘訣はウォーキング

 運動を習慣として行っていると、快適な睡眠を得られやすいことが、米国睡眠財団(National Sleep Foundation)が行った調査であきらかになった。「活発に運動をしている人ほど、不眠が少ない傾向がみられました。運動は睡眠の質を改善するために有効です」と研究者は結論を述べている。

 調査は、23~60歳の成人1,000人を対象に行われた。調査結果では、運動習慣のある人とない人とでは、睡眠時間の平均は7時間程度で同等だったが、運動習慣のない人では、睡眠の質が低い傾向かみられた。

 平日の夜間に「よく眠れている」と答えた人の割合は、運動習慣のある人では運動の内容に関わらず56~67%に上ったが、運動習慣のない人では39%にとどまった。

 参加者の50%は、軽いウォーキングやウェイトトレーニング、ヨガなどの負荷の少ない運動を行う習慣をもっていた。18%は積極的なランニングや水泳、自転車競技などの負荷の多い運動を行っていた。9%は運動をする習慣を全くもっていなかった。

 「運動習慣がある人には、不眠の人が少ないことがわかりました」と、ナショナル ジューイッシュ ヘルスのリサ メルツァー氏(睡眠心理学)は言う。

 「特に睡眠の維持に習慣的な運動の効果があるようです。運動の内容も睡眠に影響します。1回の運動だけでは効果が弱く、習慣的に続けることが重要です。その効果として、寝付きがよくなるのと、深い睡眠が得られるようになります」(メルツァー氏)。

 高齢者などふだんから不眠がちな人では効果が大きいという。「運動を習慣として行っている人は、就寝時間と起床時間が毎日決まっている傾向がみられました。規則正しい睡眠習慣は快眠につながります。どんなに健康的に運動をしても、ベッドに入る時刻が毎日ばらばらであれば、快眠は得られません」と、メルツァー氏は話す。

 体内時計により、夜になると体と心を休息の状態に切り替えて、自然に眠くなる。メラトニンなどのホルモンが、体と心を夜の休息の状態に切り替えるために、重要な働きをしている。規則正しい生活が、体内時計が調整している睡眠サイクルを円滑に働かせる秘訣だ。

 座ったまま過ごす時間も、睡眠の質に大きく影響することもわかった。座ったまま過ごす時間が1日8時間以上の人では「よく眠れている」と答えた割合は12~15%で、8時間以下の人の22~25%を下回った。

 「20分のウォーキングを毎日行うと睡眠の質を改善できます。激しい運動は逆に睡眠を妨げます。負担が少なく長続きするような有酸素運動(ウォーキングや軽いランニングなど)が良いでしょう」と、メルツァー氏は強調している。

National Sleep Foundation Poll Finds Exercise Key to Good Sleep(米国睡眠財団 2013年3月4日)

[Terahata]

「運動」に関するニュース

2022年10月31日
【新型コロナ】運動がワクチン効果を高める ウォーキングなどの適度な運動によりワクチン効果は3倍に
2022年10月31日
更年期の女性が体重を増やすのは宿命? 「対処方法はあります、あきらめないで」と更年期障害学会
2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
【新型コロナ】不安やうつを予防するのに「健康的な食事」が効果 ストレスになるニュースを遮断するのも有効
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月20日
改善が見られたものは約5割に 課題は次期プランへー健康日本21(第二次)最終評価報告書
2022年10月17日
【新型コロナ】重症化リスクを高める要因は高齢・タバコ・糖尿病・肥満 危険因子を減らす対策が必要
2022年10月17日
ウォーキングの歩数を増やす方法は考えているよりも簡単 8000歩に増やすと肥満や高血圧は改善
2022年10月17日
仮想現実で運動する「VRエクササイズ」で運動が楽しくなる 運動嫌いの人も気分を高められる
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶