ニュース

悲観的な人の方が長生き ネガティブ思考にもメリットはある

 悲観的であるよりも、楽観的である方が、望ましい結果を生みやすいという話をよく聞くが、健康管理の点では「悲観的であることにもメリットはある」という調査結果が発表された。

 「高齢者に多い糖尿病や高血圧症、脂質異常症などの病気は、自己管理が重要となります。生活や治療においても、自分で生活習慣を改善する意思をもつことが大切です」と、ドイツのエアランゲン-ニュルンベルク大学のフリーデル ラング氏は言う。

 「調査では、将来について否定的に考え心配している傾向の強い人々が、結果的には健康で長生きする可能性が高いという結果になりました」(ラング氏)。

 研究チームは、1993~2003年に収集したデータにもとづき、対象者を18~39歳、40~64歳、65歳以上の3つの年齢層に分け、現在の生活の満足度と、5年後の生活がどうなっているかという予測について質問した。初回調査の5年後にも同様の質問を行い、健康診断の結果と突きあわせた。

 自分の健康状態や生活の充足度についての予測は、年齢の高い人ほど否定的で、65歳以上では43%が悲観的な見解をもっていた。一方、楽観的な見解をもっていた人は32%に上った。

 10年間の虚血性心疾患や脳卒中などの発症について追跡して調査したところ、悲観的な人の方が楽観的な人に比べ、発症数は9.5%低いことがわかった。

 未来について過度に楽観的で期待をしている人は、そうでない人に比べ、むしろ10年以内に死亡する危険性が高いという結果になった。

 「悲観的であることで、健康管理をより慎重に行うようになるためとみられます。心疾患など命に関わる病気では、適切な治療と管理に合わせて、健康的な生活スタイルを維持することが必要となります」と、研究者は述べている。

 「未来についての悲観的であると、健康維持に関心をもつようになり、生活習慣病の治療も積極的に行い、堅実に生きるようになります。悲観的であることにもメリットはあるといえます」と、ラング氏は強調している。

Pessimism About the Future May Lead to Longer, Healthier Life, Research Finds(米国心理学会 2013年2月27日)

[Terahata]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶