ニュース

フライドポテトを週に2回以上食べると死亡リスクが上昇 揚げ物に注意

 ハンバーガーなどのファストフードともに日本でもすっかり定着したフライドポテトだが、こうした油で揚げたジャガイモ料理を長年にわたって食べ続けると、早死するリスクが高まるという研究が発表された。
フライドポテトを週に2~3回食べると死亡リスクが上昇
 米国、英国、イタリア、スペインの研究者らからなるチームがコホート研究で集めたデータを解析した研究で、油で揚げたフライドポテトなどのジャガイモ料理を週2回以上食べていると、食べない人と比べて死亡リスクはおよそ2倍に上昇することが判明した。

 この研究を行ったのは、イタリアのブレシア大学医学部のルイジ フォンターナ氏らの研究チーム。結果は、米国栄養学会(ASN)が発行する科学誌「American Journal of Clinical Nutirtion」に発表された。

 研究チームは、調査開始時の年齢が45~79歳の男女4,400人の食習慣と健康状態を8年間にわたり追跡調査し、食事に関する詳細なアンケートやデータを集めた。期間中に236人が死亡した。

 研究グループは、調査の参加者のジャガイモの摂取について調べ、ジャガイモが揚げたものか、別の調理法によるものかによって分類した。

 ジャガイモの食べ方を問わずに分析したところ、ジャガイモを週に3回以上食べたグループと、ジャガイモを月に1回以下しか食べないグループを比べると、死亡リスクに差はみられなかった。

 ところが、ジャガイモの食べ方によってデータを分析したところ、フライドポテトやポテトチップス、ハッシュブラウンズなど油で揚げたジャガイモ料理を毎週2~3回食べている人は、食べない人たちに比べると、死亡リスクは1.95倍に上昇した。3回以上食べる人のリスクはさらに高くなった。

トランス脂肪酸が原因か
 死亡リスクとの関連は揚げたジャガイモに限られているが、この関連性が何によるものかは不明だという。可能性として考えられるのは、フライドポテトなどに含まれる「トランス脂肪酸」だ。

 トランス脂肪酸は、油脂類に含まれる脂肪酸で水素が二重結合をはさんで反対側についているもの(トランス型)をいう。普通の植物油の多くで、二重結合はシス型と呼ばれるかたちをしている。

 水素添加によって製造されたマーガリン、ファットスプレッド、ショートニングや、それらを原材料に使ったパン、ケーキ、ドーナッツなどの洋菓子、揚げ物などにトランス脂肪酸が含まれている。

 トランス脂肪酸は、LDL(悪玉)コレステロールを増やし、HDH(善玉)コレステロールを減らし、動脈硬化を促し心疾患の危険性を高めるとみられている。

 トランス脂肪酸をめぐっては、世界保健機関(WHO)が2003年に、1日当りのトランス脂肪酸の平均摂取量を、最大でもエネルギー摂取量の1%未満に抑えるよう勧告した。
ジャガイモはグリセミック指数が高い
 もうひとつ懸念されているのは、ジャガイモや野菜などの食材を高温で熱したときに生じる化学物質「アクリルアミド」だ。

 アクリルアミドが多く含まれる食品は高カロリー・高脂肪のものが多い。それだけでなく、がんの発症リスクを高めるおそれがあることが分かっている。

 食物繊維が多く含まれる食品の代表格は野菜だ。ただし、注意した方が良い野菜もある。ジャガイモ、サトイモ、サツマイモ、カボチャ、トウモロコシ、レンコンなどの糖質の多い野菜だ。

 「グリセミック指数」(GI)は、ブドウ糖を摂取した後の血糖上昇率を100として、それを基準に、同量摂取したときの食品ごとの血糖上昇率をパーセントで表した指標。

 ジャガイモは野菜の中では糖質が多く、グリセミック指数が高い。食べ過ぎると、食後の血糖値が上昇しやすくなる。

 「揚げたジャガイモ料理を高い頻度で摂取すると、死亡リスクが高まる可能性が示された。なぜ揚げたジャガイモの摂取が死亡リスクを高めるのか、より多くの研究が必要だ」と研究者は述べている。

 ジャガイモには体に良い栄養素も多く含まれるが、フライドポテトのような油で揚げた食品は、食べるのをなるべく控えた方が良さそうだ。

Fried potato consumption is associated with elevated mortality: an 8-y longitudinal cohort study(American Journal of Clinical Nutirtion 2017年6月7日) Eating fried foods tied to increased risk of diabetes, heart disease(ハーバード公衆衛生大学院 2014年6月20日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶