ニュース

見慣れたパンフレットにおさらば!⑵ 受診率向上に役立つ【健康メモ】一挙ご紹介

 配布用の情報提供として使いやすい教材・ツールを、健診・保健指導に役立つ教材・備品オンラインストア「保健指導マーケット」の中からご紹介します。今回は、中でも人気の高い教材マテリアル【健康メモ・指導箋】のおすすめタイトルを取り上げます。
情報提供に最適な【健康メモ・指導箋】
 【健康メモ・指導箋】は、配布用の情報提供に最適な教材・ツールです。以下のシーンで便利に活用することができます。▽診療・問診時の情報提供 ▽特定健診・特定保健指導での情報提供、動機づけ支援・積極的支援のツールとして ▽健診結果の通知と一緒に ▽健康教室などグループ指導の場で配布資料として など。
特定健診・特定保健指導の効果
 特定健診・特定保健指導の効果として、2016年度の時点でメタボリックシンドローム該当者・予備軍が11.6%減少(対2008年度比)したとされています。

 特定健診の受診率は、制度が始まった2008年度当初は38.9%。そして2016年度では51.4%を示しています。受診率は徐々に向上していますが、国の掲げる目標値は「70%以上」。到達までまだ18.6%の開きがあります。

▶「自覚症状がない」人にこそアプローチを

 慶應義塾大学岡村智教教授の研究(※)によると、特定健診を受診しない理由は、
 ①医師受診中
 ②時間の都合がつかない
 ③自覚症状がなく健康である
 に大別できるとされています。

 ①医師受診中、②時間の都合がつかないについては、医療機関との協力や日程の都合などで対応できます。しかし、③「自覚症状がなく健康である」の対象者については特に対策が必要です。

 (※)「未受診者対策を含めた健診・保健指導を用いた循環器疾患予防のための地域保健クリティカルパスの開発と実践に関する研究」(平成20~22年度 厚生労働科学研究費補助金循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策総合研究事業

▶時期の選択と媒体の集中で約5%の受診率上昇

 効果的な受診勧奨には"広報"(ポピュレーション・アプローチ)と、"個別通知"(ハイリスク・アプローチ)の連動が欠かせません。

 例えば、前述の岡村教授の研究では多くの対象者が参加する健康イベントの前後3か月に、広報記事、チラシの全戸配布、健康イベント、市内各地にポスター掲示など、集中したキャンペーンを行った後に、未受診者に個別通知を配布しています。その際、「自覚症状がなくても健診を受けましょう」といったメッセージを統一するのも重要です。

 このプログラムで複数の地域に介入し、岡村教授は受診率が25~35%の市町村国保の受診率を約5%上昇させ、諸経費をもとに、受診率を1%上げるためには約34万円必要だと推計しました。すでに受診率が50%を超える地域に関しては効果が認められませんでしたが、いまだ受診率が低い市町村にとっては、今後取り入れることのできる有効な研究結果と言えます。

 特定健診の受診率、特定保健指導の実施率向上、そして継続にむけて使える本教材をぜひお試しください。

特定健診・特定保健指導についてやわらか~く紹介
 特定健診・特定保健指導の基礎知識から受けるメリットを紹介。「特定保健指導は専門職と対象者の作戦会議」といった柔らかいニュアンスで制度の重要さを伝えています。


特定健診を受けましょう!


動機づけ支援を受けましょう!


積極的支援を受けましょう!

健診の大切さを伝えるときにぜひ役立ててほしい
 せっかく健診をうけてもその意味や大切さ、自身の体のことがわからないと継続の受診にはつながりません。そんな時にお配りいただきたいのが本教材です。


健診結果の見方・活かし方

健診・検診で分かるご家族の健康リスク

【健康メモ・指導箋】教材一覧へ ▶

 「保健指導マーケット」は、一般社団法人日本家族計画協会(JFPA)が、制作・販売する保健指導用・健康事業用の教材を約3,000点を収載しています。糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、メンタルヘルス、食事・運動指導などのキーワード検索、配布・掲示など使用したい用途に合わせたカテゴリー検索などで、目的にあった教材を探すことができます。

 保健指導マーケット ▶

[soshinsha]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶