ニュース

糖尿病の治療を向上すれば医療費を10%削減できる 糖尿病の合併症は深刻

 2型糖尿病患者の医療費は、糖尿病でない人の2倍以上で、1型糖尿病患者では5倍に上昇することが、英国の5,800万人を対象に行った調査で明らかになった。
 糖尿病の治療を適切に行うことで、英国の病院費用の総計の約10%にあたる4,060億円の医療費を減らすことができるという。
糖尿病の治療を向上すれば医療費を10%削減できる
 糖尿病のコントロールが不良であることが、糖尿病の医療費を押し上げている。適切に治療することで、年間に4,060億円(30億ポンド)の医療費を抑制できることが、英国の英国の5,800万人を対象とした調査で明らかになった。

 糖尿病の治療を向上することで、英国の医療費のほぼ10%を削減できると、研究者は主張している。

 詳細は、9月にスペインのバルセロナで開催された欧州糖尿病学会(EASD)年次集会総会で発表された。

 糖尿病の治療を適切に行わないでいると、心筋梗塞、脳卒中、腎臓病、下肢潰瘍など、深刻な合併症が引き起こされる。合併症は患者にとって生活の質(QOL)を大きく引き下げる原因になるだけでなく、医療費の増加の点でも深刻だ。

 英国では、加齢を除くと、糖尿病が医療の増加の最大の原因で、欧州全体でも平均寿命を引き下げる要因になっている。
1型糖尿病患者の3分の2はコントロール不十分
 英国では、1型糖尿病患者の3分の2と、2型糖尿病患者の3分の1が糖尿病のコントロールが不十分で、腎臓病から失明にいたるまで糖尿病合併症のリスクが高まっている。合併症は、多くの場合で緊急の入院治療を要し、医療費の追加が必要となるのでとりわけ深刻だ。

 「糖尿病患者は、緊急入院する頻度が高く、入院期間も長期になる傾向があります。糖尿病の治療にかかる費用の40%を、こうした非選択的かつ緊急の治療が占めており、糖尿病治療薬の費用の3倍に上ります」と、英国のサルフォード ロイヤル ホスピタルのエイドリアン ヘルド氏は言う。

 NHSが実施している「Hospital Episode Statistics(HES)」は、英国のNHSが運営する病院の入院、外来および救急の医療情報を収集したデータベース。研究チームは、これに全英のクリニックの糖尿病に関するデータを収集した「英国糖尿病検査データ(National Diabetes Audit data)」の調査結果を合わせて解析した。

 研究チームは、1型および2型糖尿病の患者に提供される病院での医療コストを集計し、糖尿病のない人と比較した。2017~2018年の、2型糖尿病患者290万人、1型糖尿病患者24万3,000人を含む5,800万人の計画的な入院、緊急入院、外来受診、事故・救急に関するデータを解析した。これは、英国で提供されるすべての病院での治療の90%を含んでいるという。
2型糖尿病の医療費は2倍以上 1型では5倍
 その結果、英国の病院費用の総計は4兆9,000億円(360億ポンド)で、NHSが糖尿病患者の入院治療に費やした医療費は7,400億円(55億ポンド)に上ることが分かった。さらに、4,060億円(30億ポンド)と推定される医療費が、糖尿病への過剰支出であり、適切な治療により抑制が可能であることが判明した。

 2型糖尿病患者の平均年間医療費は10万2,700円に上り、糖尿病のない人の4万4,800の2倍以上であり、これに救急医療が加わると医療費は3倍に膨れ上がる(7万2,000 対 2万4,000円)。

 さらに、1型糖尿病患者の平均医療費は22万4,000円で、糖尿病のない人に比べ5倍高く、救急医療が加わると8倍に上昇する(18万7,000円)。

 実際には糖尿病による経済的な負担には、死亡や仕事の損失、糖尿病以外の病気など間接的な費用も含まれるので、糖尿病による社会的な損失はもっと多い額になるという。
かかりつけ医と専門医が連携 糖尿病医療を改善
 NHSは糖尿病の一次予防と二次予防を目的とした糖尿病予防プログラムを実施している。

 英国の医療サービスは、プライマリケアとセカンダリケアに区分されている。患者はまず登録した診療所でかかりつけ医(GP)を受診し、そこで治療を受けるか、あるいは必要に応じてセカンダリケアを担う病院へ紹介される。

 「GPと糖尿病専門医によるチーム治療により糖尿病の管理を改善すれば、糖尿病患者の健康状態は向上し、病院の医療コストを大幅に削減することができます」と、ヘルド氏は指摘する。

Poor diabetes control costs the NHS in England £3 billion a year in potentially avoidable hospital treatment(Diabetologia 2019年9月18日)
[Terahata]

「保健指導リソースガイド」に関するニュース

2021年05月26日
2021年度版【保健指導アトラス】を公開!保健指導に携わる人が知っておきたい法律・制度
2021年05月17日
5月31日は世界禁煙デー、6月6日まで禁煙週間
禁煙で新型コロナに負けないカラダになろう!
2021年01月01日
※※テストページです※※【よろず相談センター】実際に届いた相談内容をご紹介(1)
2020年10月08日
10月8日は「糖をはかる日」ー「新型コロナウイルス感染症と糖尿病」「血糖コントロールとQOL]をテーマに Web講演会公開中(視聴無料)
2020年10月01日
【書籍プレゼント】加倉井さおり氏「勇気づけ保健指導®&健康教育ハンドブック」を10名の方に
2020年09月18日
【健やか21】AI健康アドバイスアプリを利用した肥満妊産婦への共同研究を開始(国立成育医療研究センター・リンクアンドコミュニケーション社)
2020年09月15日
【レポート】オンラインセミナー「コロナで変わる保健指導の"いま"を語ろう」開催報告!
2020年09月03日
【9/8開催】オンラインセミナー「コロナで変わる保健指導の"いま"を語ろう」※見逃し配信決定!
2020年06月11日
保健指導リソースガイド「第1回オンラインセミナー」開催報告
2020年05月26日
保健指導の情報提供に大活躍!「健診・予防3分間ラーニング」をYouTubeにて公開
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶