ニュース

味噌汁や納豆など発酵食品を食べていた女性は早産リスクが3~4割低下 約8万人の女性を調査「エコチル調査」

 妊娠前に、味噌汁、ヨーグルト、納豆といった発酵食品をよく食べていた女性は、妊娠34週までに生まれてしまう「早期早産」の発生が3~4割少なくなるという研究結果を、富山大学が発表した。子供の健康と成長を主に環境面から明らかにすることを目的に実施されている「エコチル調査」の成果。
味噌汁・納豆などの発酵食品が早産リスクを減らす
 妊娠37週未満の出産は「早産」と呼ばれており、日本の早産率は約5%とみられている。中でも、34週未満の出産を「早期早産」と呼び、生まれた赤ちゃんが小さいと後遺症が残る可能性もある。

 早期早産の主要な原因のひとつとされているのが細菌感染だ。早期早産となった赤ちゃんの卵膜や胎盤には感染の影響がみられることが多く、細菌性腟炎がある女性は早産のリスクが高いことが分かっている。また、糖尿病の女性や、免疫抑制の治療を受けている女性は感染が起こりやすいため、早産のリスクが高いとされている。

 このように、早産には感染とそれに対する免疫が関係している。一方、ヨーグルトや納豆などの発酵食品は「プロバイオティクス」とも呼ばれ、乳酸菌や納豆菌が腸内細菌を変化させ健康増進にプラスに働くことが報告されている。多数の商品が特定保健用食品の表示を認可されていて、中には免疫力を高め、細菌やウイルスに対する予防効果を示しているものもある。

 これまで、欧米の研究ではヨーグルトなどの摂取が早産のリスクを減らす可能性が示されてきたが、味噌汁・納豆といった日本食特有の発酵食品については不明だった。
味噌汁を週1~2日食べる人では早産リスクが4割低下
 そこで、研究グループは、エコチル調査に参加した女性の中から、これまでの出産が早産であった女性(早産の強力なリスク因子となる)や、妊娠高血圧症候群や前置胎盤などの医療として人工的に早産となる可能性がある女性を除いた、7万7,667人について検討した。

 「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」は、2010年度より全国10万組の親子を対象に始まった大規模長期追跡調査。子どもの健康と成長に影響を与える胎児期から小児期の環境要因を明らかにするために、調査対象地域で生まれた子どもが13歳になるまで追跡している。

 その結果、早期早産のなりやすさ(オッズ比)を、妊娠前に味噌汁を食べる頻度が週1日以下と答えた女性に比べたところ、週1~2日食べる人では0.58倍、週3~4日食べる女性では0.69倍、週5日以上食べる人では0.62倍となり、いずれも統計学的に早期早産になりにくいということが明らかになった。

 一方、ヨーグルトについては、週1回以下の人と比べて週5回以上食べる人では0.62倍、納豆では、週1回以下の人と比べて週3回以上食べる人では0.60倍であり、統計学的に早期早産になりにくいということが分かった。また、早産歴のある女性は納豆を食べた回数の多い方が、早期早産のリスクが0.52倍に下がった

 研究は、富山大学附属病院産科婦人科の齋藤滋教授(現 富山大学長)、伊藤実香氏らの研究グループによるもの。
乳酸菌や納豆菌などが免疫力を高めている可能性
 研究チームはこれまでに、早産された女性とされなかった女性で、腸内細菌叢が異なることを報告している。細菌性膣炎のある女性や、早産の経験がある女性で、プロバイオティクスを調べる研究は世界中でいくつか行われているが、いずれも早産率を下げる効果はみられていない。

 エコチル調査と同じ観察型の研究では、ノルウェーの国民調査から、「妊娠初期」に発酵乳飲料をたくさん摂取した女性が、後期早産が少なかったとの報告がある。しかし、今回の調査と摂取時期に関する尋ね方が、「妊娠前」や「妊娠後」ではなく、「妊娠初期」だったことや、検討した発酵食品が異なることから、今回の研究とは異なる結果になっている。

 今回の研究で分かったことは、妊娠前に味噌汁、ヨーグルト、納豆を食べるように心がけている女性は早期早産のリスクが低いということだ。とくに味噌汁については、週に1日以上のペースで食べる方でリスクが低くなる傾向がみられた。

 なお、「味噌汁をたくさん食べるほど効果が上がるわけではなく、食べる頻度が影響しています。妊娠後については、たくさん食べても効果はなく、切迫早産の治療にはならないので注意が必要です。妊娠と出産については医師に相談してほしい」と、研究チームは話している。

富山大学医学部公衆衛生学講座
エコチル調査(子どもの健康と環境に関する全国調査) 富山ユニットセンター
Fermented foods and preterm birth risk from a prospective large cohort study: the Japan Environment and Children's study(Environmental Health and Preventive Medicine 2019年5月1日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶