ニュース

職場での不妊治療への理解を推進 「不妊治療と仕事の両立支援のためのリーフレット」を作成(三重県)

 近年、多くの人が不妊治療と仕事の両立に悩まされている背景を受け、三重県は「不妊治療と仕事の両立支援~安心して治療を受けながら働き続けるために~」を作成。
 職場での理解を深め、相談しやすい環境づくりを推進するのが目的。

 リーフレット内では、三重県内の当事者アンケートの結果や不妊治療を受ける従業員をサポートする取組例を紹介。 HPからもダウンロードできる。
不妊治療を正しく理解・応援する職場づくりが重要 働き方に柔軟性を

 リーフレットでは、夫婦の5.5組に1組が不妊に悩んでいると言われる現状や、妊娠・出産には適齢があり、不妊治療の期限は限られていることなどについて解説。

 不妊治療がどのように行われているのか、なぜ急な通院が必要になるのか、職場での理解が不足しているケースも多いことから、不妊治療の流れや体外受精のスケジュールについても詳しく説明している。

 また、不妊治療を受けている人が様々な悩みや負担を抱えている点について、当事者アンケートの結果を紹介。

 上司の理解がなく退職した、急な休みや早退が必要なことを理解してもらえず辛かった、などの声をふまえ、職場でできることは「不妊治療を正しく理解し、応援する職場の風土づくり」や「業務配分の見直しや通院しやすい勤務体制・フレックスタイム制度」、「プライバシーへの配慮」だとした。

 具体的なサポート方法としては、不妊治療のための休職や休暇制度、またフレックスタイムやテレワークなど柔軟な働き方、費用の助成制度導入をあげている。

 リーフレットはA4版、8ページ。三重県産婦人科医会の監修により5000部を作成し、県内市町の窓口や保健所、特定不妊治療費助成事業指定医療機関などで配布する。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
2021年10月26日
特定健診のデータヘルス 年齢とともに薬剤利用は増加し生活改善の意欲も高まる 特定健診のビッグデータを分析
2021年10月20日
「乳がん」は早期発見すれば治る病気 10月は「ピンクリボン月間」 コロナ禍でがん検診の受診者が減少
2021年09月28日
「HPVセルフチェックキット」サンプルセットの申込受付中!
Web×郵送で注目を集める子宮頸がん早期スクリーニング検査
2021年09月24日
【健やか21】令和3年度産後ケア事業 事例集の掲載について(厚生労働省)
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年09月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶