ニュース

「子宮頸がん」の意識調査 86%の女性が検診の必要性を感じている 20代女性の7割は受診経験なし

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、4月9日の「子宮の日」に合わせて、子宮頸がんに関する意識調査を実施した。
 子宮頸がんの認知度は90%に上り、86%の女性が検診の必要性を感じているが、20代の約7割が未受診という結果になった。
 若年層で罹患者が増加しており、同社は「正しい理解促進が必要」としている。
子宮頸がん検診の受診率 日本は42%
 子宮頸がんの日本の年間の罹患数は約1万1,000例、年間死亡者数は約2,900人とされており、女性特有のがんの中では乳がんに次いで多い。

 罹患年齢は20代にも広がるなど若年化が進んでおり、20代から30代の女性では、罹患率はすべてのがんの中で第1位になっている。

 定期的に子宮頸がん検診を受けていれば、がんになる前の状態で発見することが可能だが、日本の全世代の検診受診率は42%程度と低い。欧米諸国の70%~80%に上り、日本の女性の受診率の低さは際立っている。

 そこで、ロシュ・ダイアグノスティックスは日本の女性を対象に、子宮頸がんに関する意識調査を行った。調査は、全国の20~49歳の女性2,000人を対象に、2020年3月に実施したインターネット調査。
86%が検診の必要性を感じている
 その結果、子宮頸がん自体への認知度は全体で約90%と結果となった。検診について、「定期的に受診する必要があると思う」が63%、「将来的に受診しないといけないと思うが、今はまだ受ける必要がないと思う」が23%となり、合計86%が検診の必要性を感じていることが判明。

 「定期的に受診する必要がある」と答えた人の割合を年代別になると、40代は71%だったが、20代では47%に留まり、「将来的に受診しないといけないと思うが、今はまだ受ける必要がないと思う」が35%と、年齢による認識の違いがみられた。

検診を受けない理由 20~30代では「お金がかかるから」が多い
 続いて、子宮頸がん検診を受診したことがある人は、全体で53%(20代の33%、30代の55%、40代の64%)だった。受診率は年代が上がるほど高くなり、20代では約7割が受診したことがない結果となった。

 受診しない理由としては、20代、30代は「受診にお金がかかるから」をあげる人がもっとも多く、婚姻状況別でみると、未婚者では「検査が恥ずかしいから」とする人の割合がもっとも多かった。

 受診のきっかけについては、「自治体で、無料あるいは安く受診できるから」(39%)がもっとも多く、次いで「健康診断のオプションにあったから」(25%)、「医師に勧められたから」(14%)、「親や家族に勧められたから」(9%)と続く。年代別にみると、20代で受診したことがある人は、「親や家族に受診を勧められたから」「将来、出産をしたいから」という意見が多くみられた。

定期的に検診を受けている人ほど、理解度が高い結果に
 子宮頸がんに関する理解度については、全般的に、年代が上がるにつれて理解度が高くなった。また、子宮頸がん検診の受診経験・回数によって理解度に大きな差があることが分かった。

 子宮頸がんが「20代~30代の若年層で急激に増加している」ことについて知っている人は全体で51%(定期的に検診を受けている人 63%、受けたことがない人 39%)、「予防できる唯一のがん」と言われていることを知っている人は全体で24%(定期的に検診を受けている人 34%、受けたことがない人 17%)だった。

 また、「がんの発生にはヒトパピローマウイルス(HPV)と呼ばれるウイルスが関わっていること」を知っている人は全体で37%(定期的に検診を受けている人 53%、受けたことがない人 23%)、「HPVは一般に性行為を介して感染する」ことを知っている人は32%(定期的に検診を受けている人 43%、受けたことがない人 24%)となり、定期的に受診している人ほど、理解度が高いという結果になった。

 同社では「とくに若年層への子宮頸がんの原因や予防・治療に関する正しい理解促進が課題」と指摘している。とくに、罹患者が増加している若年層の検診受診率向上に向けて、情報発信が必要だとしている。

 同社は2019年11月に、子宮頸がんの予防に関する知識の普及や検診受診率の向上のためのコミュニケーションについて、佐賀県と連携協定を締結している。

ロシュ・ダイアグノスティックス  子宮頸がん検診による早期発見の重要性などを解説している。  子宮頸がん検診への理解を促進することを目的としたコンテンツなどを配信。
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶