ニュース

学校の衛生管理マニュアルを作成、具体的に詳細な対応策を解説(文部科学省)

 文部科学省はこのほど、『学校における新型コロナウイルス感染症に関する衛生管理マニュアル~「学校の新しい生活様式」~』をまとめ、公表した。
 文科省ではこれまでにも学校再開や休校中の学校運営についてガイドラインなどを公開してきたが、全国で学校再開が本格化する今、児童生徒と教職員の感染リスクを可能な限り低減することを目的に、学校の衛生管理の観点から新たにマニュアルを作成。また、6月16日にVer.2が公開された。
各地域の感染レベルによって行動基準が変わる

 本マニュアルでは、学校における新型コロナウイルス感染症対策の考え方や、基本的な対策方法について解説。学校においても、"三つの密"の回避やマスク着用、手洗いなどの手指衛生といった感染対策を継続し、「新しい生活様式」を導入することが必要だと解説している。

 一方、学校教育活動の実施可否や在り方は、児童生徒や教職員の生活圏におけるまん延状況により判断することが重要だとして、地域ごとにきめ細やかな対応を求めた。そのうえで「新しい生活様式」を踏まえた学校の行動基準を、地域の感染レベルを1から3に分けて提示。

 例えば、接触・密集・近距離での活動・向かい合っての発声となる教科活動は、地域の感染レベルに応じて実施の検討をすべき、として、室内・近距離での合唱や長時間の対面によるグループワークなど、感染リスクの高い学習活動の具体例や、実施する場合の留意点を細かく示している。

 同様に部活動や給食、学校図書館の利用、清掃活動、休み時間、登下校、健康診断など、場面ごとに必要な指導や工夫について詳細を示した。

 ほかにも重症化のリスクの高い児童生徒らに留意すべき点や、感染が広がった場合の対応方法についても解説。学校内で体調不良者が発生した場合や、感染者の発生による臨時休業の判断など、考え得るさまざまなケースについて具体例や行動・判断の指針などを示した。

 別途、幼稚園においては幼児特有の事情を考慮し、別途、留意すべき事項についても述べている。

 同マニュアルは5月時点での最新の知見に基づいて作成されたもので、6月16日にVer.2にバージョンアップされた。今後、新たな情報や知見が得られた場合には随時、見直しを行っていく方針。

[yoshioka]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶