ニュース

「やる気スイッチを探せ! 運動促進アプローチ」産業保健と看護 2020年4号

 働く人の健康を支えるすべての産業保健従事者向け定期刊行物「産業保健と看護」2号のご紹介です。
「産業保健と看護」4号▶株式会社メディカ出版▶

「産業保健と看護」は、産業看護職のみならず、企業における従業員の健康支援に携わる医療看護職、人事労務職、安全衛生管理者の方まで、多くの方に役立つ情報を掲載している定期刊行物(隔月刊)です。

 産業保健従事者のネットワークづくりと情報収集、自主学習の実践書として活用いただけます。

「産業保健と看護」 隔月刊、年6回発行
定価(1冊):2,200円(税込)
年間購読料:
・本誌+増刊:16,280円(税込)
・本誌+増刊+年間購読ヨメディカ::20,680円(税込)
発行:株式会社メディカ出版

【目次】

【第2特集】==============

◆やる気スイッチを探せ! 運動促進アプローチ
 社会福祉法人聖隷福祉事業団 鳥羽山 睦子

◆健幸な社会と自然と運動してしまうまちづくり 健幸になるまちづくり
 筑波大学 久野 譜也

◆糖尿病重症化予防「宿泊型保健指導プログラム」を活用した運動継続のアプローチ
 社会福祉法人聖隷福祉事業団 橋口 しのぶ

◆チームで取り組む運動促進
 日本航空株式会社 サトウ 菜保子
 日本航空株式会社 黒鳥 伸子
 日本航空株式会社 本田 真次

◆IOT(Internet of Things)を活用し楽しく継続できる支援を
 あいち健康の森健康科学総合センター 野村 恵里

【第1特集】==============
 ミレイ先生の勇気づけメンタルヘルスサポート
 イラスト&対応事例で学ぶテレワークに役立つ心の整え方
 ヒューマンハピネス株式会社 上谷 実礼

◆事例1 部下がきちんと仕事をしているか信用できないので、もっと管理したい
◆事例2 もともと上司と関係が悪く、テレワークになって孤独や不安を感じる
◆事例3 在宅勤務不可の業種に劣等感を抱いたり、特別休暇で休める人がずるいと感じてしまう
◆事例4 メンタルヘルス不調者や心配事を抱えている従業員のテレワーク中の様子が心配
◆事例5 客先に出向かないオンラインの営業に慣れず、モチベーションが保てない
◆事例6 コミュニケーションが激減したことに対する部下の不安や心配事をサポートしたい
◆事例7 共働きで、夫婦ともにテレワークなのに、家事や育児の分担が不公平でイライラする
◆事例8 独身で実家暮らし。テレワークに理解のない同居家族の無神経な発言にイライラする

【STUDY】============

◆今さら聞けない 産業衛生のきほん
 株式会社産業医かつき虎の門事務所 勝木 美佐子

◆管理栄養士が教える 場面で学ぶ食事・栄養指導 どっちを選ぶ?の料理SHOW
 全国健康保険協会 江本 純子

◆教えて! 健康管理室のアライさん LGBTQ+従業員支援のための基礎知識
 比治山大学 松高 由佳

◆心身のパフォーマンスを高める! 呼吸筋ストレッチ体操
 東京有明医療大学 本間 生夫

◆ヘルスリテラシーを上げる! 大人のがん教育
 東京大学医学部附属病院/東京大学大学院 南谷 優成

【NETWORK】============

◆元気が出る! 1人職場通信
 日本メジフィジックス株式会社 宗像 かほり

【CATCH】============

◆ナースのお悩み背負い投げ 鳥ボーイのコミュニケーション道場!
 医療者が運営する医療メディア「メディッコ」 鳥ボーイ/喜多一馬

◆生きた社会を相手にする、産業分野の心理職への期待

【Campanio!】==========

◆医療にまつわる英単語
◆日本の大腸がんのはなし
◆よりよい組織であるためのリーダーのあり方
◆医師・看護師のためのリーダーシップ開発
◆障害者スポーツとわたし
◆医療職の働き方改革

【INFORMATION】=========
・学会・研究会INFORMATION
・次号予告

【購入はこちら】

メディカ出版「産業保健と看護」購入ページ▶
[保健指導リソースガイド編集部]

「健診・検診」に関するニュース

2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
2022年05月23日
【子宮頸がん】HPVワクチンの予防効果は優れている 接種9年後の感染率は0% ワクチンの有効率は100%
2022年04月19日
「サルコペニア肥満」は軽度認知機能障害と認知症のリスクを高める BMIと握力の簡便な検査でリスク予測
2022年04月04日
【新型コロナ】医療従事者・自治体・ニュースからの情報提供は、予防行動を高めるのに貢献している?
2022年02月15日
【特定健診】尿潜血検査を必須にすると、病気の早期発見と医療費削減につながる 費用対効果も優れる
2022年01月13日
大人の風しん抗体検査とワクチン接種を呼びかけ 東京都福祉保健局
2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶