関連資料・リリース情報

「第3回健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会資料」

「第3回健康づくりのための睡眠指針の改定に関する検討会資料」
(厚生労働省/2014年3月25日)

 厚労省は、「健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12箇条~」をまとめた。指針では、若年世代、勤労世代、熟年世代など年代ごとに注意しべきポイントを示した。

<<~睡眠12箇条~>>
 1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
 2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
 3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
 4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
 5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
 6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
 7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
 8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
 9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
 10.眠くなってから寝床に入り、起きる時間は遅らせない。
 11.いつもと違う睡眠には、要注意。
 12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

(厚生労働省/2014年3月25日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「メンタルヘルス」に関する資料・リリース

2023年01月23日
一無、二少、三多で生活習慣病を予防!1月23日は「一無、二少、三多の日」、2月は「全国生活習慣病予防月間」です。
2023年01月20日
令和3年度衛生行政報告例の概況
2023年01月05日
最新の患者調査(厚生労働省)より、国民の健康状態について分析
2022年12月26日
うつ病患者に対するヴァーチャル・リアリティを活用した認知行動療法の臨床研究の開始
2022年12月15日
コロナ禍における職業生活のストレスに関する調査2022

「メンタルヘルス」に関するニュース

2023年02月06日
「ガーデニング」で肥満・メタボを改善 野菜を食べられ運動にもなる メンタルヘルスも向上
2023年02月06日
運動に認知症の予防効果が 仲間とともに行う運動はより効果が高い 運動と社会交流を両立
2023年01月31日
【新型コロナ】休校中に生活リズムが乱れた子供は睡眠時間が減少 夜型の生活をしている子供は要注意
2023年01月30日
男性が育児に参加すると子供の成長に良い影響が メンタルヘルス不調が減少 男性の育児参画が必要
2023年01月30日
肥満者へのオンライン生活指導は効果がある 個別化した情報提供と専門家の助言が重要

関連コンテンツ

アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶