関連資料・リリース情報

「特定健診・保健指導の医療費適正化検証のWG 最終取りまとめ」

「第14回特定健診・保健指導の医療費適正化効果等の検証のためのワーキンググループ 最終取りまとめ」
(厚生労働省/2015年7月1日)

◆特定健診の検査値
・積極的支援参加者は不参加者と比較すると、概ね全ての検査値において、特定保健指導後の3年間検査値の改善効果が継続していることが確認された。

・動機づけ支援参加者についても、積極的支援より改善幅は小さかったが、同様の傾向が見られた。

◆3疾患関連の1人当たり入院外医療費・外来受診率
・積極的支援参加者と不参加者を比較すると、1人当たり入院外医療費については、男性で7,020~5,340円、女性で7,550~6,390円の差異が見られた。

(厚生労働省/2015年7月1日)

[soshinsha]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2022年01月06日
「家族と健康」WEB版1月号
2022年01月05日
ブレイクスルー感染者を含む医療機関、福祉施設等でのクラスター調査から得られた知見(簡略版)
2021年12月14日
「2021年度版(2019年度実績分)健康スコアリングレポート」予防・健康づくりの取組状況や健康状況等を可視化
2021年12月03日
「日本健康会議2021」動画議事録
2021年12月03日
生活保護受給者の糖尿病有病実態解明 -200万人のレセプトデータ解析-

「特定保健指導」に関するニュース

2022年01月25日
【新型コロナ】家に引きこもりテレビばかり見ていると血栓症リスクが上昇 立ち上がって運動を
2022年01月25日
【新型コロナ】妊婦の感染は重症化しやすい? 妊婦のCOVID-19患者の疫学的・臨床的な特徴を解明
2022年01月24日
【新型コロナ】ワクチンは接種から9ヵ月後も有効 3回目接種も必要 「すぐに接種を」
2022年01月24日
【新型コロナ】ストレスが感染リスクを高める コロナ禍で幸福度が低下している人への支援が必要
2022年01月24日
【新型コロナ】電子タバコを吸う人は新型コロナが重症化しやすい 電子タバコによる肺の炎症が全身に影響

関連コンテンツ

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶