関連資料・リリース情報

「特定健診・保健指導の医療費適正化検証のWG 最終取りまとめ」

「第14回特定健診・保健指導の医療費適正化効果等の検証のためのワーキンググループ 最終取りまとめ」
(厚生労働省/2015年7月1日)

◆特定健診の検査値
・積極的支援参加者は不参加者と比較すると、概ね全ての検査値において、特定保健指導後の3年間検査値の改善効果が継続していることが確認された。

・動機づけ支援参加者についても、積極的支援より改善幅は小さかったが、同様の傾向が見られた。

◆3疾患関連の1人当たり入院外医療費・外来受診率
・積極的支援参加者と不参加者を比較すると、1人当たり入院外医療費については、男性で7,020~5,340円、女性で7,550~6,390円の差異が見られた。

(厚生労働省/2015年7月1日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「特定保健指導」に関する資料・リリース

2022年08月03日
「家族と健康」WEB版 8月号
2022年07月06日
「家族と健康」WEB版 7月号
2022年07月04日
「第11回健康寿命をのばそう!アワード」(生活習慣病予防分野)募集開始のお知らせ
2022年06月09日
2021(令和3)年度 全国保健所長会協力事業
2022年06月09日
慢性腎臓病に対する生活習慣改善の指導は長期の診療継続と重症化予防に効果がある

「特定保健指導」に関するニュース

2022年08月09日
【新型コロナ】ノババックスのワクチンの3回目接種の結果 副反応の頻度は他のワクチンより低い
2022年08月04日
【新型コロナ】感染が疑われるときはどうすれば良い? 限りある医療資源を有効活用するために
2022年08月02日
【新型コロナ】ストレスに弱くなり「頑張り」がきかなくなったのもコロナの後遺症?
2022年08月01日
【新型コロナ】モデルナのワクチンの3回目接種後の副反応は2回目に比べ減少 高齢者の1割は免疫反応がきわめて弱い
2022年08月01日
【新型コロナ】唾液中のタンパク質にコロナ感染を防止する効果 唾液を減らさないことが大切

関連コンテンツ

DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶