関連資料・リリース情報

2023(令和5)年 国民生活基礎調査の概況

2023(令和5)年 国民生活基礎調査の概況

 国民生活基礎調査は、保健、医療、福祉、年金、所得などの国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画、立案に必要な基礎資料を得ることを目的に、1986(昭和61)年を初年として3年ごとに大規模な調査を、その間の各年は調査事項と対象世帯の少ない簡易な調査を実施しています。
 2023(令和5)年は、簡易な調査の実施年に当たり、6月に世帯票は約6万1千世帯、7月に所得票は約7千世帯を対象として調査し、世帯票は約4万世帯、所得票は約5千世帯を集計しました。

調査結果のポイント

1 世帯の状況

  • 単独世帯は1849万5千世帯 (1785万2千世帯)、全世帯の34.0%(32.9%)と世帯数、割合とも過去最高
  • 児童のいる世帯は983万5千世帯(991万7千世帯)、全世帯の18.1%(18.3%)と世帯数、割合とも過去最少

2 所得等の状況

  • 1世帯当たり平均所得金額は524万2千円(545万7千円)と減少
  • 生活意識が「苦しい」とした世帯は59.6%(51.3%)と上昇

参考情報

【報道発表資料】2023(令和5)年 国民生活基礎調査の結果を公表します(厚生労働省)

(厚生労働省/2024年 7月 5日)

[保健指導リソースガイド編集部]

「調査・統計」に関する資料・リリース

2024年07月11日
【インフォグラフ】女性のIT産業就労者においては、セクハラ対策が重要
2024年07月11日
2023(令和5)年 国民生活基礎調査の概況
2024年07月02日
公立学校共済組合のストレスチェックデータ分析結果報告書
2024年06月27日
令和5年度「男女の健康意識に関する調査報告書」
2024年06月14日
「令和3年度 業態別にみた被保険者の健康状態に関する調査」 「令和4年度 特定健診・特定保健指導の実施状況【速報版】」

「調査・統計」に関するニュース

2024年07月11日
令和5年度「職場のハラスメントに関する実態調査」より 相談内容はパワハラが最多、パワハラ経験率が高いのは管理職
2024年07月08日
ストレスはメタボ・肥満のリスクを高める こうして対策 労働者の長期休職をストレスチェックで予測
2024年07月08日
サプリメントは効果がある? マルチビタミンは「効果あり」「なし」の両論が ビタミンDのサプリは推奨
2024年07月08日
自分の足や自転車を使う「アクティブ移動」のすすめ 運動量が増加 地球温暖化に対策しながら健康も改善
2024年07月08日
糖質の多い甘い清涼飲料が「うつ病」のリスクを高める ブラックコーヒーはリスクを低下 日本人8万人超を調査
アルコールと保健指導
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(木曜日・登録者11,000名)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら

ページのトップへ戻る トップページへ ▶