ニュース

薬局でHbA1c値を測定し3割に受診勧奨 糖尿病診断アクセス革命

 薬局の店頭で検査を行い、糖尿病の早期発見につなげようというプロジェクト「糖尿病診断アクセス革命」で、これまでに検査を受けた約2,500人のうち、糖尿病や予備群と疑われる人は約3割に上ったことが、プロジェクト代表の矢作直也・筑波大学内分泌代謝・糖尿病内科准教授らのまとめで分かった。健康診断を受けていないという人も多く、矢作先生は「糖尿病を早期発見するために、新たなスクリーニング検査の機会を提供できた」としている。

 プロジェクトは2010年10月にスタート。現在は東京都足立区と徳島県内のそれぞれ10店舗の薬局で展開した。参加薬局に、1マイクロリットル(1,000分の1ミリリットル)という微量の血液でHbA1c値を測定する小型検査機器を設置した。

 検査を希望する人は、薬剤師の説明を受けた上で、指先で自己穿刺採血を行い測定する。結果はその場でわかり、糖尿病や予備群が疑われる場合には、薬剤師が連携医療機関への受診を勧め、早期治療へ導くという仕組み。医療機関や健診施設よりも身近な場所にある薬局を活用し、地域医療連携を活性化するのが狙いだ。

 検査を受けた2,514人のうち、糖尿病と強く疑われた人(HbA1c6.5%以上)は約12%、予備群の可能性が高い人(HbA1c6.0~6.4%以上)は約16%で、3割に医療機関へ受診勧奨を行い、症状が悪化する前に治療を始められる可能性が開けた。全体の43%は定期的な健康診断を受けておらず、「糖尿病診断アクセス革命」が新たなスクリーニング検査の場を提供した。

 日本では、糖尿病が「強く疑われる人」は890万人、「可能性を否定できない人」は1,320万人で、合計2,210万人が糖尿病の危険性が高いと推定されている。実際に医療機関を定期受診している糖尿病患者数は約270万人とみられており、糖尿病有病者の約4割はほとんど治療を受けていない。

 「糖尿病の検査と治療を受けていない人の方がずっと多い現実があり、目の前の患者さんの治療だけを行っていれば十分というわけではありません」と矢作先生は話す。

 「糖尿病は初期には自覚症状が乏しいため、早期発見のために血液検査は特に重要です。薬局と医療機関の地域連携によって、早期発見・受診勧奨をするシステムが有用であることが示されました」としている。

 ただ、薬局で検査を受けることは臨床検査技師法の運用で制限される場合がある。これまでプロジェクトを展開する上で、保健所の許可を得られるかどうかが地域ごとに異なるという課題も浮かび上がった。今後、このような活動がより広く展開されるよう、規制緩和の必要性を指摘している。この点については現在、国の規制改革会議や産業競争力会議などで検討が進んでいるという。

糖尿病診断アクセス革命
 糖尿病診断アクセス革命(矢作直也代表)は、「指先微量採血によるHbA1c測定」を用いて血液検査へのハードルを下げ、広く検査の機会を提供することで、未発見・未治療の糖尿病の患者さんや糖尿病予備群の方々をすくい上げ、糖尿病を減らすことをめざす地域医療連携プロジェクト。
 筑波大学と糖尿病診断アクセス革命事務局を中心に、東京都足立区では、NPO法人ADMS・足立区薬剤師会・足立区医師会、徳島県では徳島文理大学との共同研究として行われている。
http://a1c.umin.jp/
[Terahata]

「地域保健」に関するニュース

2021年01月28日
【健やか21】「COVID-19 ワクチン接種を考慮する妊婦さんならびに妊娠を希望する⽅へ 」の提言(⽇本産婦⼈科感染症学会・⽇本産科婦⼈科学会)
2021年01月26日
【新型コロナ】接触確認アプリ「COCOA」がコロナ禍の心理的ストレスを減らす? 企業従業員の心の健康をどう守るか
2021年01月26日
スマホの運動アプリで1日の歩数を2000歩増やせる 新型コロナをきっかけに、運動への関心は世界中で拡大
2021年01月26日
「脂肪肝」が手遅れになる前にスマホで早期発見 病気と認識してきちんと対策 「脂肪肝プロジェクト」を始動
2021年01月26日
人工知能(AI)を活用して大腸がんを高精度に発見 医師とAIが一体となり、がん検査の見逃しをなくす
2021年01月25日
「内臓脂肪」と「腸内細菌」の関係を解明 肥満の人で足りない菌とは? 腸内細菌のバランスが肥満やメタボに影響
2021年01月25日
コレステロール高値で高尿酸血症のリスクが上昇 メタボリックシンドロームと高尿酸血症の関連に新たな知見
2021年01月22日
【健やか21】日本医学会連合が新型コロナ「重症化リスクをお持ちの皆様へ」注意喚起
2021年01月19日
【新型コロナ】「自然」の豊かな環境でストレスを解消 心の元気を保つために「行動の活性化」を
2021年01月18日
「和食」が健康にもたらすメリットは多い 5割が「健康に良い」、8割以上は「和食が好き」
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 10,795 人(2021年05月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶