ニュース

体重は量らないと増える 週に1回以上の測定で肥満を予防

 自分で体重をはかる頻度の高い人は体重が減りやすい傾向がある。逆に、体重をはからない日が1週間続くと体重が増えやすいことが、フィンランドのタンペレ工科大学と米国のコーネル大学による研究で明らかになった。
体重を1週間以上はからないと体重が増えやすい
 ダイエットに取り組んでいる人の多くは、体重計に乗ることを日常的な習慣としている。しかし、体重をはかる頻度が体重にどのような影響をもたらすのか不明の点が多い。

 研究チームは、ダイエットを目標としている40人(男性 13人、女性 27人)の成人を対象に、体重測定と体重の変化について調査した。参加者の平均年齢は45歳、全員が過体重か肥満で、体格指数(BMI)の平均は29だった。参加者は1年間に合計2,838回の体重測定を行った。

 その結果、体重をはかる頻度の高い人は体重が減りやすいことが明らかになった。5.8日ごとに体重をはかるともっとも体重が増えにくく、体重を1週間以上はからない人は体重が増えやすいことが判明した。

 「体重を頻繁にはかる人ほど、体重が減りやすいことが分かりました。体重を減らしたいのであれば、少なくとも週に1回以上、自分で体重をはかるべきです。毎日はかればなお効果的です」と、タンペレ工科大学のエリナ ヘランダー氏は言う。

 体重は週を通して変動している。もっとも体重が減りやすい曜日は水曜日であり、土日の休日には増えやすいことも示された。「体重を毎日はかるのが理想的ですが、週に一度だけはかるのなら、正確な数値が出やすい水曜日が良いでしょう」と、コーネル大学のブライアン ワンシンク氏は言う。

 ダイエットに真剣に取り組んでいない人は体重をはかることが少なかったり、体重測定をやめてしまった人は体重が減少しなくなる可能性があるので、今回の研究で体重測定と体重減少の因果関係を証明したことにはならないと、研究者は付け加えている。

 2005年にミネソタ州立大学が発表した別の調査では、体重をコントロールするために毎日はかると効果的であることが示された。体重を毎日はかった人は2年間で5.4kgの減量に成功したが、週に1回だけはかった人の減量は2.7kgにとどまった。まったくはからなかった人の体重は1.8kg増えていた。

Weigh-in Once a Week or You'll Gain Weight(コーネル大学 2014年12月17日)

[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶