ニュース

子供の脳の言語機能や発達に「親子と一緒に過ごす時間」が影響

 東北大学加齢医学研究所の研究グループは、親子で過ごす時間が長いほど、言語的理解や非言語的コミュニケーションの理解などに関わる脳の「右上側頭回」の発達性変化や言語理解機能に好ましい影響を与えることを確認したと発表した。

 研究成果は、東北大学加齢医学研究所の竹内光准教授、川島隆太教授らの研究チームによるもの。詳細は米国神経科学雑誌「The Journal of Neuroscience」に発表された。
親子でともに過ごす時間が子供の脳の発達を促す
 日々の生活で、親子でどのくらいの時間をともに過ごすかが、数年後の言語理解機能や脳形態の変化に大きく影響すると考えられている。

 親が乳幼児に話しかけ、親子が相互に反応することが、言語のスキルや知識といった言語発達指標を長期的に上昇させることが数多くの研究で明らかになっている。

 今回の研究は、脳画像解析や大規模なデータ、数年の期間をおいた縦断解析といった手法を用いて、発達期の子供の言語機能などへの影響を神経メカニズムの観点から明らかにしたものだ。

 研究チームは、5~18歳の262人の小児を対象に、生活習慣に関する質問、知能検査、MRI撮像などの検査を実施。3年後に208人に再び知能検査とMRI撮像を受けてもらい、データを組み合わせて解析した。

 その結果、親子で長時間ともに過ごすと、高い言語理解指数を示すことが判明。さらに最初の調査から数年後の2回目には、言語理解指数がより増大していることを確認した。

 特に親子で会話をもつことで、脳の言語機能に関わる領域が影響を受け、言語機能発達の増加することが分かったという。
テレビの視聴時間が長いと子供の脳に悪い影響が
 研究チームが以前に行った研究では、小児期にテレビを長時間視聴していると、脳の高次認知機能に関わる領域が影響を受け、言語能力が低下することが明らかになっている。

 長時間のテレビ視聴は、初回調査からから数年後の2回目調査において、前頭極領域、運動感覚領域、視床下部周辺領域の発達性変化に負の影響(灰白質体積の減少が少ないこと)をもたらすという。

 今回の研究で、親子で長時間一緒に過ごし、特に会話をすると、脳の言語機能の発達が促されることが明らかになった。ただし、テレビを長時間視聴すると、子供の脳に悪い影響が出てくる

 「就学期前だけでなくそれ以降の発達期においても、親子で多くの時間を過ごすこと、会話をもつことが言語に関連する脳神経機能の良好な発達に大きく影響する」と、研究チームは述べている。
東北大学加齢医学研究所
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
DASHプログラム

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶