ニュース

血液検査でうつ病を診断 診断マーカーの開発につながる研究成果

 血液検査によりうつ病患者とうつ病でない人とを判別できるという研究を、徳島大学が発表した。実現すれば、うつ病を早期に発見し、適切な治療を行えるようになる可能性がある。
うつ病の客観的な診断マーカーの開発
 うつ病は発症率が高い疾患で、ストレスなどのさまざまな要因により生じ、生涯有病率は5~8%とみられている。うつ病の診断は抑うつ気分や意欲低下などの臨床症状にもとづいて行われているが、診断が遅れるケースが少なくない。うつ病を早期発見し治療を開始することが治療予後の改善につながるので、うつ病の診断マーカーの開発が求められている。

 研究グループは、ストレスなどで、メチル基と呼ばれる分子が遺伝子に結合する化学反応「メチル化」に変化が起きることに着目。うつ病患者20人と、うつ病ではない19人の2つのグループから血液を採取し、薬を内服していない日本人のうつ病患者20人と、うつ病でない19人の血液を採取して、多くの遺伝子のDNAメチル化修飾レベルを測定し、うつ病群とうつ病でない群を分けることができる遺伝子の選定を行った。

 その結果、18種類の遺伝子のメチル化反応の値を組み合わせれば、2つのグループを判別できることが分かった。次に、別のうつ病患者12人と、うつ病でない12人の血液を採取し、選定したマーカーに再現性があることを確認。血液のメチル化を利用したうつ病の診断マーカー同定の可能性が示された。

 「うつ病の診断が難しく、治療の開始が遅れたために重症化するケースが少なくない。研究成果がうつ病の客観的な診断マーカーの開発に役立つと期待される」と、研究グループは述べている。

 この研究は、厚生労働省の研究班の主任研究者である徳島大学精神科神経科の大森哲郎教授と沼田周助講師らの研究グループが、広島大学、高知大学、神戸大学、徳島大学人類遺伝学教室、東京農工大学との共同研究によって得られたもの。成果は科学誌「Epigenetic」電子版に発表された。

徳島大学
Blood diagnostic biomarkers for major depressive disorder using multiplex DNA methylation profiles: discovery and validation(Epigenetic 2015年1月14日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月09日
保健師など保健衛生に関わる方必携の手帳「2022年版保健指導ノート」
2021年11月16日
思春期に糖質を摂り過ぎると成長後にメンタルヘルスに悪影響が 単純糖質の摂り過ぎに注意が必要
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月02日
【新型コロナ】ワクチン接種はコロナ禍を終わらせるための重要なツール 50歳以上で健康やワクチンに対する意識が上昇
2021年11月02日
健診や医療機関で腎臓の検査を受けていない高齢男性は透析のリスクが高い 7万人弱を5年間調査
2021年10月26日
「特定健診受診率向上プロジェクト」を実施 大阪府と大阪府立大学看護学科が協働 特定健診の対象者に合わせた効果的な受診勧奨
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶