ニュース

なぜ日本人は長生きなのか? 長寿者の遺伝子を大規模調査で解明

 日本人の平均寿命の高さが世界中から注目を浴びており、長寿の理由をさぐる研究が行われている。慶応大学などが実施した1,500人以上の高齢者を対象とした大規模調査で、DNAと体内の炎症が密接に関わっていることが解明された。
なぜ日本人は長寿なのか 遺伝子を解明
 厚労省の調査によると、2014年の日本人の平均寿命が男女とも過去最高となった。女性は86.83歳で3年連続で長寿世界一。男性は前年に初めて80歳を超え80.50歳となり、香港(81.17歳)、アイスランド(80.8歳)に続き世界3位になった。

 厚労省は平均寿命とは別に、健康上の問題で日常生活が制限されない期間を示す「健康寿命」も算出している。13年は女性が74.21歳、男性が71.19歳だった。

 なぜ日本人は長寿なのだろうか? 細胞の老化を防ぐ仕組みが日本人の長寿に深く関わっている可能性がある。

 慶応義塾大学と英ニューカッスル大学の共同研究チームは、100歳以上の長寿者とその家族らを分析し、長寿者はテロメアという染色体の端を守る部分が長く、老化を促進させる炎症マーカーの値が低いことを突き止めた。
テロメアが細胞の老化を反映 百寿者のテロメアは長い
 慶應義塾大学医学部百寿総合研究センターの新井康通専任講師、広瀬信義特別招聘教授と英ニューカッスル大学のトーマス・グリニツキー教授らは、100歳以上の超高齢者(684人)とその直系家族、85~99歳の高齢者、計1,554人を対象に調査した。

 その結果、100歳以上の超高齢者と直系子孫はいずれも、染色体の末端にある塩基配列である「テロメア」の長さがより長く保たれていることも分かった。

 細胞の老化にはDNAのテロメアの長さが関係している。テロメアは細胞が分裂するたびに少しずつ短くなるため、長さが細胞の老化を反映する指標と考えられている。

 調査では、実際の年齢が80歳台という直系子孫(血縁のある子供)でもテロメアは、60歳台の平均値に匹敵する長さを維持していることが判明した。

 過去の研究では、健康的な食生活や運動、ストレス管理など生活習慣の改善によってテロメア長の短縮を防げることが報告されている。
老化に伴う炎症を抑えることが健康寿命の秘訣
 また、細胞の老化は、体内の炎症が関係している。炎症は通常、けがをしたり、病原体が体に入ったりした時などに起きる防衛反応だが、高齢者では加齢に伴い、症状がなくても血液中の炎症物質の数値が高くなる傾向がある。

 炎症の有無や程度を反映する血液中の炎症マーカーとして、C反応蛋白(CRP)、インターロイキン6、腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α)などが知られている。

 健康で長生きする人は、炎症マーカーの数値が低く、この数値が低いほど認知機能や生活の自立度も高いことが分かった。

 現在利用できる抗炎症薬は、さまざまな副作用により慢性炎症を長期的に抑制する目的では使用することができない。老化に伴って炎症が起こる理由を解明することが、新しい治療法の開発につながる可能性がある。

 「百寿者を対象とする研究によって、炎症が健康寿命を規定する要因であり、ヒトの老化過程にも関連していることを証明することができた」と、新井氏は述べている。

 新井講師らは85歳以上の超高齢者を対象に詳細な食事摂取や運動習慣の調査を行っており、炎症を低く抑え、テロメア長を保つ健康増進法の開発を目指している。

慶應義塾大学医学部百寿総合研究センター
Inflammation, But Not Telomere Length, Predicts Successful Ageing at Extreme Old Age: A Longitudinal Study of Semi-supercentenarians(EBioMedicine 2015年7月29日)
[Terahata]

「健診・検診」に関するニュース

2022年10月25日
【特定健診】健診結果から糖尿病リスクを予測するAIを開発 スマホアプリに搭載し生活改善を促す 大阪大学
2022年10月24日
「フレイル」をわずか5つの質問で簡便に判定 フレイル予備群も分かる 保健指導でも活用
2022年10月11日
高齢者の半数以上は「フレイルが心配」 フレイル健診を受診したのは23%と少数 データを活用した「対策モデル事業」も
2022年10月03日
【がん検診】胃カメラ検査は本当に効果がある? 胃内視鏡検査はX線検査よりも効果が高いことを確認
2022年09月27日
有害業務に伴う歯科健康診断の報告
―10月1日から規模にかかわらず、すべての事業場に義務化
2022年09月21日
がん検診受診率の目標を60%へ
職域のがん検診受診「個人単位」での把握検討を―「がん検診のあり方検討会」より
2022年07月26日
2021年度版「健診・検診/保健指導実施機関」状況報告 10年間の推移についてまとめ
2022年07月11日
動脈硬化学会が「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2022年版」を発表 特定健診・保健指導にも影響
2022年06月10日
【レポート】日本保健師活動研究会「20周年記念シンポジウム」
保健師の実践活動から、強みと意義を考える
2022年05月23日
【新型コロナ】保健師がコロナ禍の拡大を食い止めている 保健師の活動が活発な地域では罹患率は減少
アルコールと保健指導

トピックス・レポート

無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶