ニュース

清涼飲料や菓子に含まれる「果糖」が糖尿病や心臓病のリスクを高める

 清涼飲料や菓子類などに含まれる「果糖」(フルクトース)が、食品のカロリーを高めるだけでなく、2型糖尿病や心血管疾患の発症リスクも高めているという研究結果を、ハーバード大学の研究チームが発表した。
加工食品のカロリーは一見しても分からない
 ジュースやコーラなど清涼飲料や菓子類などの甘味の強い加工食品の多くに「果糖ブドウ糖液糖」が甘味料として使われている。コーンスターチ(トウモロコシから作られたデンプン)などから製造される「果糖ブドウ糖液糖」は、果糖(フルクトース)とブドウ糖(グルコース)を主成分とする異性化糖。工業的に安定して生産でき、価格が安いので、米国で多くの食品に広く用いられている。

 ごはんやパン、穀類、いも、カボチャなどの野菜に含まれる炭水化物が複合糖質であるのに対し、フルクトースやグルコースは吸収されやすい単糖類だ。フルクトースは糖の中ではもっとも甘味が強く、多量を摂り続けると体重増加や肥満につながりやすいと懸念されている。

 「フルクトースは高カロリーの清涼飲料などの加工食品に多く含まれています。ジュースや菓子などに含まれるコーンシロップ(果糖ブドウ糖液糖)が主な摂取源で、フルクトースを単体で摂取することはほとんどありません。消費者は栄養成分表示を見ないと、どの食品に果糖ブドウ糖液糖が含まれているかを知ることができません」と、ハーバード大学公衆衛生学部のフランク フー教授は述べている。

 最近の10年間で果糖ブドウ糖液糖の摂取量は減少してきたが、いまだに甘味料としてもっとも多く使われている。米国人の半分が毎日摂取しており、4人に1人は1日に200kcal以上を摂取しており、5%は500kcal以上を摂取しているという。これは角砂糖(4g)に換算すると13~32個分に相当する。
高カロリー飲料を摂取すると糖尿病リスクが26%増加
 「果糖ブドウ糖液糖などの糖類が含まれるコーラなどの清涼飲料を1日1回以上摂取すると、体重増加や肥満につながりやすいことが、多くの研究で確かめられています。高カロリーの清涼飲料は、それ自体が満腹感をもたらすことはなく、食事のカロリー摂取量が減ることはありません。結果として体重増加を引き起こしやすいのです」と、フー教授は指摘している。

 研究チームは、過去に発表された疫学研究のレビューとメタ解析を行った。その結果、高カロリーの清涼飲料を摂取すると、2型糖尿病や心血管疾患、脳卒中などのリスクが増加することが判明した。

 高カロリーの清涼飲料を1日に1~2回摂取した人では、摂取しなかった人に比べ、次のような変化が起こることが明らかになった。
・ 2型糖尿病の発症リスクが26%増加する
・ 心血管疾患の発症リスクが35%増加する
・ 脳卒中の発症リスクが16%増加する

 12万人の成人男女を20年間追跡して調査した研究では、高カロリーの清涼飲料を1日に350mL飲み続けると、4年間で体重が約2kgずつ増加することが判明した。
高カロリーの清涼飲料や菓子類を避けると良い理由
 フルクトースの過剰摂取が、2型糖尿病や心血管疾患につながる脂肪肝やインスリン抵抗性をもたらしている可能性があるという。また、血中の尿酸値を高めて痛風を誘発する可能性もある。

 研究チームは、フルクトースがどのように体内で代謝されるかを検討した。グルコースは腸から吸収された後、血液に入り全身の細胞に運ばれ、インスリンの作用によって細胞内に取り込まれ、余った分は中性脂肪となって貯蓄される。一方のフルクトースは、ほとんどが肝臓で代謝されるため直接は血糖を上げないが、肝臓で中性脂肪などに変換され、余分なものが脂肪として貯蓄される。

 「果糖ブドウ糖液糖を含む高カロリー飲料を飲むのを防ぐことが、ただちに肥満問題の解決となるわけではありませんが、そうした飲料を控えることで体重コントロールを行いやすくなり、糖尿病や心血管疾患の発症リスクを低下させることにつながるのは確かです」と、フー教授は言う。

 世界保健機構(WHO)と2015年の米国食生活ガイドライン諮問委員会は、フルクトースやグルコースの摂取量を1日の摂取エネルギー量の10%未満に収めることを推奨している。

 2型糖尿病や心血管疾患、脳卒中を予防・改善するために、高カロリーの清涼飲料や菓子類を摂取するときは、量を考えてコントロールした方がよさそうだ。

New Research Exposes the Health Risks of Fructose and Sugary Drinks(米国心臓病学会 2015年9月28日)
Fructose and Cardiometabolic Health : What the Evidence From Sugar-Sweetened Beverages Tells Us(Journal of the American College of Cardiology 2015年10月6日)
Sugary Drinks and Obesity Fact Sheet(ハーバード大学公衆衛生学部)
[Terahata]

「特定保健指導」に関するニュース

2021年12月21日
特定健診・保健指導の効果を10年間のNDBで検証 体重や血糖値が減少し一定の効果 ただし体重減少は5年後には減弱
2021年12月21日
【子宮頸がん】ワクチン接種を受けられなかった女性へのキャッチアップが必要 子宮頸がん検診で異常率が上昇
2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月21日
【申込開始】今注目のナッジ理論、感染症に関する教材が新登場!遠隔指導ツールも新作追加! 保健指導・健康事業用「教材・備品カタログ2022年版」
2021年12月20日
牛乳を毎日コップ1杯飲んでいる女性は脳卒中のリスクが低下 牛乳に血圧を下げる効果が?
2021年12月20日
「住環境」は健康増進にも影響 「断熱と暖房」が血圧や住宅内での活動量に寄与 足元が暖かいことも大切
2021年12月13日
早食いは肥満や体重増加につながる ゆっくり味わってよく噛んで食べるとエネルギー消費量を増やせる
2021年12月13日
【新型コロナ】子供の心の実態調査 食事を食べられなくなる「神経性やせ症」の子供がコロナ禍で増加
2021年12月13日
【新型コロナ】ファイザーのワクチンの3回目接種はオミクロン株にも効く? 抗体価は半分に減るものの2回接種より25倍に増加
2021年12月13日
【新型コロナ】日本人はなぜ感染・死者数が少ない? 風邪でつくられた免疫が新型コロナにも有効に働いている可能性 理研
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2022年現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶