ニュース

専門機関や相談窓口を全県に設置目標 アルコール健康障害対策関係者会議

 内閣府のアルコール健康障害対策関係者会議(会長:樋口進・国立病院機構久里浜医療センター院長)は2015年12月25日、第12回となる会合を開催。第1期基本計画で取り組むべき重点課題の目標や、アルコール健康障害対策推進基本計画骨子(案)などについて検討が行われ、健康日本21(第2次)の目標を採用することや、アルコール依存症の専門医療機関や相談窓口の設置を全都道府県に求めていくことなどが話し合われた。

 アルコール健康障害対策関係者会議は2014年6月に施行された「アルコール健康障害対策基本法」に基づき、「アルコール健康障害対策推進基本計画」の策定や、アルコール健康障害対策の推進を図るため、関係行政機関が行う連絡調整や意見具申を行う機関として設置されている。

 第1期基本計画では、重点課題1として「飲酒に伴うリスクに関する知識の普及を徹底し、将来にわたるアルコール健康障害の発生を予防」、重点課題2として「アルコール健康障害に関する予防及び相談から治療、回復支援に至る切れ目のない支援体制の整備」を掲げている。

 このうち、重点課題1の目標項目については、健康日本21(第2次)で設定されている目標との整合を取るため、飲酒に関する以下の項目を採用することとした。

(1)生活習慣病のリスクを高める量を飲酒している者の割合の減少
   男性15.3%(平成22年度)→13.0%(平成34年度)
   女性7.5%(平成22年度)→6.4%(平成34年度)
(2)未成年者の飲酒をなくす
(3)妊娠中の飲酒をなくす

 一方で、第一次基本計画は平成32年度までを予定していることから、健康日本21(第2次)の運動期間である平成34年までとは終期が異なるという問題がある。また、ベースラインとなっている平成22年度の値についても、直近では平成26年の値が公表されている。そのため、今後、健康日本21の目標値をどういったかたちで採用するかどうか、検討を続けることとなった。

 重点課題2については、目標項目として「アルコール依存症に対する適切な医療を提供することができる専門医療機関及び相談拠点となる窓口を、それぞれ1箇所以上定めている都道府県の数」としてはどうか、という提案があった。その場合、目標値を「47都道府県」と全都道府県での設置を求めることも了承された。

 今後は1月22日、および2月の第13、14回会合で引き続き、基本計画の案について検討が行われる予定。

アルコール健康障害対策関係者会議(内閣府)
[yoshioka]

「アルコール」に関するニュース

2021年12月21日
肥満や糖尿病の人ではFGF21の抗肥満作用が低下 朝食抜き・毎日飲酒・喫煙といった生活スタイルが影響
2021年12月08日
「今求められる女性の健康サポート」へるすあっぷ21 12月号
2021年11月22日
心臓病と脳卒中のリスクを減らす10の食事スタイル 食事はバランスが大切 食品の健康度にも新しい指標が
2021年11月22日
【新型コロナ】コロナ禍で孤食が増加 孤独はさまざまな健康リスクをもたらす 高齢女性でとくに深刻
2021年11月16日
認知症を予防できている人は何を食べている? 魚・キノコ・大豆・コーヒーなどの日本食が腸内環境を良好に
2021年11月09日
【世界糖尿病デー】東京都「今日から始めよう!糖尿病予防」キャンペーン 都民の4人に1人は糖尿病かその予備群
2021年11月08日
肥満のある人・肥満のない人の両方に保健指導が必要 日本人4.7万人の特定健診データを解析
2021年11月05日
【新型コロナ】ワクチン接種後6ヵ月後に抗体価は90%減少 中和抗体価も80%減少 細胞性免疫は維持されている
2021年11月05日
「脳・心臓疾患の労災認定基準改正 働き方改革の一層の推進へ」へるすあっぷ21 11月号
2021年10月26日
【新型コロナ】良い睡眠は免疫システムを高めるために必要 睡眠を改善するための5つの方法
DASHプログラム
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
(毎週木曜日・約11,000通)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 3%
  • 保健師 46%
  • 看護師 10%
  • 管理栄養士・栄養士 19%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶