ニュース

ママから笑顔がきえるとき―文京学院大が産後うつ予防リーフレット作成

 文京学院大学はこのほど、「誰にでもおこりうつ『産後うつ』を予防するために」をテーマに、リーフレットと動画『ママから笑顔がきえるとき』を作成し、公表した。日本では10人に1人が「産後うつ」の疑いがあると言われる中、母親と、その家族を対象に広く「産後」うつについて知ってもらい、予防につなげていくのが目的。リーフレットは全国の市区町村などで無料配布されるほか、同大学のHPからもダウンロードできる。

 産後うつ病の疑いがある人の割合は、厚生労働省の平成13年度調査「産後うつ病の実態調査ならびに予防的介入のためのスタッフの教育研修活動(中野仁雄班)では13.4%であったものの、平成25年度厚生労働科学研究:「健やか親子21」の最終評価・課題分析及び次期国民健康運動の推進に関する研究(山縣然太朗班)では9.0%と減少傾向が見られる。

 一方で、依然、約10人に1人はうつ病の疑いがあることから、厚生労働省は全国に「子育て世代包括支援センター」の設置を進め、「健やか親子21」の取り組みとしても「産後うつ」の予防・早期発見のための支援体制構築に取り組んでいる。

 そのような中で同大学は、産後うつ問題に詳しい東京慈恵会医科大学非常勤講師で広尾レディースの宗田聡院長をはじめ、保健師、助産師の方々の協力を得て、産後うつ予防を啓発するリーフレットと動画を作成した。総合監修は、母性看護学や助産学、母子保健が専門で、助産師でもある同大学保健医療技術学部・市川香織准教授。

 リーフレットは、縦28cm×横58.2cm。折りたためば縦14cm×横9.7cmに収納でき、母子手帳にも挟んで携帯できる。表面には産後うつ予防のための「知識編」、「生活変化編」、「心理編」など、イラストを多用して分かりやすく説明。インフォグラフィックの手法を使い、視覚的にも分かりやすくデザインされている。一方の中面は、産後における母親の気持ちの変化と対処法について、症状の軽い状態から「産後うつ」疑いの高い状態まで段階ごとに危険度を表現。周囲の家族が、母親のSOSに気づくヒントになるよう、理解と協力を求めている。

 リーフレットは母子手帳と一緒に妊娠中の女性の手にわたることを願い、全国の市区町村の保健センターなどに送付。そのほかの団体や個人からの直接の申し込みも受け付けている。一方、リーフレットの内容を約4分半にまとめた動画は、同大学のホームページから閲覧できる。

文京学院大学 保健医療技術学部
産後うつ予防啓発リーフレットと動画「ママから笑顔がきえるとき」
[yoshioka]

「メンタルヘルス」に関するニュース

2021年06月29日
【新型コロナ】ワクチンを否認しているのはどんな人? 全国で大規模調査を実施 情報発信が必要「地域や社会の健康と回復につながる」
2021年06月29日
夫が育児に参加すると妻の心理的苦痛を低減できる 男性も積極的に育児に取組む必要が 7万組超の夫婦を調査
2021年06月29日
産業保健師活用テキスト『産業保健師がいること』のご紹介
2021年06月28日
高齢者の脳の老化予防に効果的なのはウォーキングなど「有酸素運動」 記憶力が低下する前に運動を始めることが大切
2021年06月25日
【新型コロナ】ワクチン接種で副反応が 熱が出たら市販の解熱鎮痛剤を利用することも可能 厚労省が成分を示す
2021年06月21日
【新型コロナ】看護師の感染に対する恐怖を軽減するために 最前線に立つ看護師に対するサポートも必要
2021年06月21日
女性は食事からメンタルヘルスの影響を受けやすい 不健康な食事は精神的苦痛につながる
2021年06月14日
【新型コロナ】コロナ禍で孤立する人が増えている 孤独は肥満やメタボのリスクを上昇 3つの方法でストレス解消
2021年06月11日
12歳までの児童期に運動をすると中高齢期の認知機能の維持・増進につながる 脳内ネットワークの最適化が促される
2021年06月09日
「今こそワクチンリテラシーを高めよう」へるすあっぷ21 6月号
無料 メールマガジン 保健指導の最新情報を毎週配信
  • 週1回配信(毎週木曜日)
  • 登録者数 11,068 人(2021年08月現在)
登録者の内訳(職種)
  • 産業医 2.7%
  • 保健師 44.8%
  • 看護師 10.8%
  • 管理栄養士・栄養士 19.8%
  • その他 22%
登録はこちら ▶
ページのトップへ戻る トップページへ ▶